里海資本論 日本社会は「共生の原理」で動く

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

作品特設サイト
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2015年07月08日
判型:
新書判
商品形態:
新書
ページ数:
232
ISBN:
9784040820132

里海資本論 日本社会は「共生の原理」で動く

  • 著者 井上 恭介
  • 著者 NHK「里海」取材班
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2015年07月08日
判型:
新書判
商品形態:
新書
ページ数:
232
ISBN:
9784040820132

里山から里海へ。人々の"営み”は海をも含む広域経済圏を成立させていた!

里海=人が手を加えることで海を健康にし、豊かにするメカニズム。瀬戸内海の再生で世界から注目されている。地球の限界を救うモデルとして、瀬戸内海生まれ日本発の概念が、世界経済を今まさに変えようとしている!


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「里海資本論 日本社会は「共生の原理」で動く」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 日本の海で行われている再生が、世界にも波及していることに感動した。介護されている方がどんどん元気になるのは幸せな世界だなと思った。海を元に戻したいと言う恐らく無数のたくさんの人の思いの結果としてどんど 日本の海で行われている再生が、世界にも波及していることに感動した。介護されている方がどんどん元気になるのは幸せな世界だなと思った。海を元に戻したいと言う恐らく無数のたくさんの人の思いの結果としてどんどん良くなってきているのが良かった。 …続きを読む
    mitei
    2015年08月20日
    249人がナイス!しています
  • 瀬戸内海の再生物語です。高度経済成長で、瀕死の海となった瀬戸内海。その瀬戸内海再生の主人公は、昔から豊かな生態系を支えてきた生物たちとその活躍を根気強く支えた瀬戸内の漁師たちです。中でも「アマモ」と「 瀬戸内海の再生物語です。高度経済成長で、瀕死の海となった瀬戸内海。その瀬戸内海再生の主人公は、昔から豊かな生態系を支えてきた生物たちとその活躍を根気強く支えた瀬戸内の漁師たちです。中でも「アマモ」と「カキ」を中心に、粘り強く環境浄化に取り組んだ結果、瀬戸内海の再生が実現しました。それにしても、本田さんという一人の漁師の気づきから、再生が始まったというのには驚きました。本書は、経済成長が人間の繁栄を保証するものではないと気づかせてくれ、本当の豊かさとは何かということを考えさせられる本でした。 …続きを読む
    キック
    2015年07月10日
    40人がナイス!しています
  • 資本主義のどんづまりに登場する里海資本論(13頁~)。里海:人手が加わることによって生物多様性と生産性が高くなった沿岸海域。瀬戸内海生まれ日本発(広島大松田治氏)。SATOUMIとして海外でも知られる 資本主義のどんづまりに登場する里海資本論(13頁~)。里海:人手が加わることによって生物多様性と生産性が高くなった沿岸海域。瀬戸内海生まれ日本発(広島大松田治氏)。SATOUMIとして海外でも知られる。里山資本主義を包含するもの(14頁)。漁業とは海のおこぼれを頂戴する産業である(102頁~)。日本の漁師は、自分たちの海は自分たちで守ろうという意識を古くから持っていたという。沖は入会とは、沖合部を隣り合った漁村で自由に行き来できる。 …続きを読む
    壱萬弐仟縁冊
    2016年02月14日
    39人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品