桜乙女と黒侯爵 乙女の想いと二人の兄

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

作品特設サイト
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2015年08月01日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
242
ISBN:
9784041032046

桜乙女と黒侯爵 乙女の想いと二人の兄

  • 著者 清家 未森
  • イラスト ねぎし きょうこ
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2015年08月01日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
242
ISBN:
9784041032046

大好きな「あの人」が婚約!? 有紗をめぐる恋と思惑が急展開する第3弾!

時は大正。名門華族の御曹司・京四郎と「特別な雇用関係」にある少女・有紗。ある日彼女は、憧れの人である慧一郎の突然の「発表」に衝撃を受ける。おまけに、京四郎に許嫁がいることが発覚して――?

登場人物

一乗寺 有紗(いちじょうじ ありさ)

16歳。家柄だけは良いお嬢さま。新聞記者を目指しており、「事件の匂いを見逃すな」が信条

烏丸 京四郎(からすまる きょうしろう)

25歳。烏丸侯爵の子息。感情が読めず、素性は謎だらけで、周囲から「陰気」呼ばわりされる

六条 馨(ろくじょう かおる)

27歳。有紗の自慢の叔父。六条財閥の子息だが新聞記者をしており、親族の不興を買っている

伏見 由高(ふしみ よしたか)

29歳。銀行の御曹司。気障なところがあり、有紗にちょっかいをかけてくる


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

最近チェックした商品