白鯨 下

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2015年06月20日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
560
ISBN:
9784041031964

白鯨 下

  • 著者 メルヴィル
  • 訳者 富田 彬
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2015年06月20日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
560
ISBN:
9784041031964

スタジオ地図監修による オリジナルカバーで名著復刊!

巨大で獰猛な白いマッコウクジラ“モービィ・ディック”に復讐を果たすべく、過酷な航海を続ける捕鯨船ピークォード号は、ついに目標の白鯨を発見。船長エイハブと乗組員たちによる、熾烈な戦いの結末とは。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「白鯨 下」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 新潮文庫で初読、再読。2015年757冊め。上巻よりは読みやすくなるが、「捕鯨ハンドブック」とも呼ばれるように鯨についての記述が多いが、作中では結局鯨とは何かという疑問への明確な答えは明かされない。鯨 新潮文庫で初読、再読。2015年757冊め。上巻よりは読みやすくなるが、「捕鯨ハンドブック」とも呼ばれるように鯨についての記述が多いが、作中では結局鯨とは何かという疑問への明確な答えは明かされない。鯨が象徴するものは何かと考えると、やはり神を内包した自然というのが思い浮かぶ。このあたりは「老人と海」と共通するものがあると。【G1000・11作め下巻】 …続きを読む
    扉のこちら側
    2015年07月06日
    44人がナイス!しています
  • 1か月近くかけてだらだらと読んでいたものをようやく読了。ひとつながりの冒険物語ではあるのだけど、ますます神話めいた雰囲気を帯びてくる。Moby Dickとの闘いは案外あっさりしていますが、ここまで来る 1か月近くかけてだらだらと読んでいたものをようやく読了。ひとつながりの冒険物語ではあるのだけど、ますます神話めいた雰囲気を帯びてくる。Moby Dickとの闘いは案外あっさりしていますが、ここまで来ると捕鯨って、一種の芸術の域に達してくるなぁ、、クーイェグは活躍の場がますます増えまして、カッコいい。。彼が「異教徒」であるということもこの物語に深みを与えていると思う。。全ての要素を噛み砕くことはとてもできていないですが、あれだけ、力強く紡がれていた物語が海に呑まれるあっけなさは劇的。 …続きを読む
    ちぃ
    2016年12月19日
    30人がナイス!しています
  • 解釈や作品にある問いへの答えは一つではなく、人それぞれあるものだ。しかし『白鯨』くらい読後、幻惑感に包まれるものはないかもしれない。主題は魂は決して穢されない清浄なものであり、神の慈悲はそれを知らしめ 解釈や作品にある問いへの答えは一つではなく、人それぞれあるものだ。しかし『白鯨』くらい読後、幻惑感に包まれるものはないかもしれない。主題は魂は決して穢されない清浄なものであり、神の慈悲はそれを知らしめるということだろう。エイハブが白鯨を敵視するのは、聖書に登場するヨナが神の命令に背く姿であり、エイハブが三日三晩白鯨と闘うのは、ヨナが神の使命から逃れられず鯨に三日三晩のまれる姿であり、エイハブが死してようやく魂の浄化を果たすのは、ヨナが唐胡麻の木を神に枯らされて神の愛の大きさを知ることに重ねられるのだろう。 …続きを読む
    イプシロン
    2018年06月03日
    27人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品