かにみそ

第20回 日本ホラー小説大賞 優秀賞

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2015年09月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784041030134

第20回 日本ホラー小説大賞 優秀賞

かにみそ

  • 著者 倉狩 聡
  • カバーイラスト 西島 大介
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2015年09月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784041030134

それは聡明で無垢で愛おしい、蟹。日本ホラー小説大賞優秀賞受賞の話題作!

全てに無気力な20代無職の「私」は、ある日海岸で小さな蟹を拾う。
それはなんと人の言葉を話し、小さな体で何でも食べる。
奇妙に楽しい暮らしの中、私は彼の食事代のため働き始めることに。
しかし私は、職場で出来た彼女を衝動的に殺してしまう。
そしてふと思いついた。
「蟹……食べるかな、これ」。
すると蟹は言った。
「じゃ、遠慮なく……」
捕食者と「餌」が逆転する時、生まれた恐怖と奇妙な友情とは。
話題をさらった「泣けるホラー」。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

プロモーションムービー

『かにみそ』 あらすじ動画


「かにみそ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • グロテスクな描写もあるのに、通奏低音のように常に感じられるもの悲しさ。どちらも、生き辛さを抱えながらよるべなく漂うように孤独に生きる2編の主人公。やっとできた愛おしい存在を同時に疎ましく感じてしまう。 グロテスクな描写もあるのに、通奏低音のように常に感じられるもの悲しさ。どちらも、生き辛さを抱えながらよるべなく漂うように孤独に生きる2編の主人公。やっとできた愛おしい存在を同時に疎ましく感じてしまう。でも疎ましく思いながらも執着せずにはいられない。ひとは何と複雑な内面を持っているのか。2編ともラストの締めをくっきり締めてくれれば傑作、になっただろう。 …続きを読む
    みっちゃん
    2019年09月10日
    160人がナイス!しています
  • ★★★☆☆ 初読。「かにみそ」拾った蟹は知性があり、話し、そして人を喰う…。主人公が、感情や他人への共感が異様に希薄なことに驚く。そんな彼が、他人の生命は容易く奪ってはいけない、かけがえのない存在なの ★★★☆☆ 初読。「かにみそ」拾った蟹は知性があり、話し、そして人を喰う…。主人公が、感情や他人への共感が異様に希薄なことに驚く。そんな彼が、他人の生命は容易く奪ってはいけない、かけがえのない存在なのだと気付く瞬間が来るのだが…。遅いよね、気付くのが。アレは本当に蟹なのか? 「百合の火葬」静かに侵略する百合っぽいもの?の恐怖。しゃらしゃらと囁き、周囲の生命力を吸い尽くす。清野さんはどういう存在なの? 二作とも匂いや触感、音などの描写が丁寧で、静謐な筆致も独特な雰囲気。蟹も百合も襲われたら怖いですね。 …続きを読む
    bookkeeper
    2019年02月16日
    121人がナイス!しています
  • 可愛い表紙とタイトルのインパクトに惹かれて、以前から興味ありました。でもあらすじ知らずに読んだので「えーっそうくるか?!」って驚きポイントが次々と。表紙のような軽いコミカルな話ではないです。でも「泣け 可愛い表紙とタイトルのインパクトに惹かれて、以前から興味ありました。でもあらすじ知らずに読んだので「えーっそうくるか?!」って驚きポイントが次々と。表紙のような軽いコミカルな話ではないです。でも「泣けるホラー」でもない。芥川賞向きのようなシュールな作品。寄生獣のミギー思い出しました。蟹という血や心が通い合わない無機質で不気味な、なのに食べると美味という生き物を選んだのは秀逸です。2編目の百合の話も雰囲気があってよかったです。百合の花の美しさや香りは「夢十夜」のように美女の化身や人の情念がとても似合います。 …続きを読む
    sea&pink(しーぴん)
    2019年02月16日
    115人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品