試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2015年02月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041028117

迷い人 品川しみづや影絵巻

  • 著者 倉阪 鬼一郎
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2015年02月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041028117

料理が人と人を繋ぎ、男の記憶を甦らせる。人情派時代小説。

北品川の名水を使うことで美味いと評判の一膳飯屋『しみづや』。その飼い猫が見つけた、行き倒れの男は、記憶を喪っていた。男は一体何者なのか? 手がかりは、3本の包丁と男が創る料理だが……。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「迷い人 品川しみづや影絵巻」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 北品川の名水を使うことで美味しいと評判の一膳飯屋「しみづや」が舞台、との紹介に、新しいシリーズと思って読み始めたら、品川人情串一本差しの「はし」も、お助け組の面々、居木橋村の根本南里先生も登場し、懐か 北品川の名水を使うことで美味しいと評判の一膳飯屋「しみづや」が舞台、との紹介に、新しいシリーズと思って読み始めたら、品川人情串一本差しの「はし」も、お助け組の面々、居木橋村の根本南里先生も登場し、懐かしさもある。飾らないけど旨そうな料理が出てきて、会話のテンポもよく、安心して読み進めることができた。記憶が戻った後、無用意に過去のことを話してしまうのはどうかと思うが、まあ許そう。 …続きを読む
    izw
    2015年09月09日
    10人がナイス!しています
  • 美味しそうな料理と粋な人情話が詰まった品川しみづや影絵巻シリーズ第一段。どうやら「品川人情串一本差し」というシリーズの姉妹本のよう。店の前で倒れているところを助けられた記憶喪失の男は、料理もできれば、 美味しそうな料理と粋な人情話が詰まった品川しみづや影絵巻シリーズ第一段。どうやら「品川人情串一本差し」というシリーズの姉妹本のよう。店の前で倒れているところを助けられた記憶喪失の男は、料理もできれば、薬にも詳しく、言葉遣いも町人とは思えない謎の人物。しかし、しみづやの面々は気にする事なく、主人である幸助の弟子として新助という名を与え家族の一員のように接する。自らの生い立ちや生業は全く思い出せない新助ですが、美味しい料理と看板娘おさよの献身に癒されていくのが文面から伝わってきてほっこりしました。 …続きを読む
    ロックイ
    2016年09月26日
    5人がナイス!しています
  • また同じ話。 また同じ話。
    ピー
    2015年03月16日
    1人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品