角川選書

古琉球 海洋アジアの輝ける王国

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年03月28日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
416
ISBN:
9784047035799
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川選書

古琉球 海洋アジアの輝ける王国

  • 著者 村井 章介
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年03月28日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
416
ISBN:
9784047035799

世界に開かれていたのは、日本ではなく「琉球」だった!

世界に開かれていたのは日本ではなく「琉球」だった! 13~17世紀の古琉球の時代、ボーダーレス海域でどのような歴史と文化が展開されたのか。琉球に残されたかな文字の碑文や『歴代宝案』などの外交文書、中国・朝鮮ほか、近隣諸国に残る史料などから総合的に検証。冊封体制論からはみだした古琉球の独自の事象を浮き彫りにする。同時代の日本を含むアジア世界の歴史のありかたに境界史から光をあて、その全体像に新たな視角を拓く。

もくじ

序論 古琉球から世界史へ
第一章 王国誕生前夜
第二章 冊封体制下の国家形成
第三章 冊封関係と海域交流
第四章 和/琉/漢の文化複合
第五章 王国は滅びたのか

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「古琉球 海洋アジアの輝ける王国」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 「古琉球はヤマトの影響のおよぶ限界的地域であると同時に、それ自体が独自に中国、朝鮮、東南アジア、そしてヤマトと関係を結び、あらたな関係性=地域をつくりだした存在だ。その地域形成は「倭寇」とよばれた海上 「古琉球はヤマトの影響のおよぶ限界的地域であると同時に、それ自体が独自に中国、朝鮮、東南アジア、そしてヤマトと関係を結び、あらたな関係性=地域をつくりだした存在だ。その地域形成は「倭寇」とよばれた海上勢力との競合のなかで進行した。この地域を私は「海洋アジア」とよんでいる。」(P19) 筆者の述べる「海洋アジア」を踏まえて、古琉球期(薩摩侵攻の1609年以前)の琉球国について、その形成過程や海域交流、「文化複合」等の項目で、解説した著書。 「ヤマト」側や中国、朝鮮側の豊富な史料だけでなく(※以下続く) …続きを読む
    Utsuro
    2019年05月30日
    3人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品