銀星みつあみ航海記 LOG.01 彼女が家出した動機

銀星みつあみ航海記 LOG.01 彼女が家出した動機 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2015年01月10日
商品形態:
電子書籍

銀星みつあみ航海記 LOG.01 彼女が家出した動機

  • 著者 鷹見 一幸
  • イラスト 緒方 剛志
発売日:
2015年01月10日
商品形態:
電子書籍

「でたまか」の世界観を継ぐ、鷹見一幸流スペースオペラ

機動戦闘艇パイロット&オペレーターだったハヤトとハインツの銀星勲章コンビ。そんな彼らがひょんなことから22億クレジの大金を手に入れた! それを元手に帝国宙域を駆け巡る運送屋、その名も「銀星運輸」を始めた2人。だが開業早々飛び込んできた仕事は、ひとつの星を破滅から救う代わりにいつ爆発するか分からないという荷物の依頼で!? 「でたまか」の世界観を継ぐ、鷹見一幸流スペースオペラ!
  • ライトノベルEXPO
    ライトノベルEXPO

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「銀星みつあみ航海記 LOG.01 彼女が家出した動機」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 大事の前の小事。そう言って多少の傷みとともに一部を切り離す。切り離した方はそれによってより大きなものを得られるかも知れないが、切り離された方は何も残らない。切り離される側に仕方のない理由があればそれで 大事の前の小事。そう言って多少の傷みとともに一部を切り離す。切り離した方はそれによってより大きなものを得られるかも知れないが、切り離された方は何も残らない。切り離される側に仕方のない理由があればそれでも良いが、そうでなくただ不幸にあってしまったという場合には出来る限りのことをしたくなるのが人の性である。 …続きを読む
    Humbaba
    2015年07月22日
    6人がナイス!しています
  • ■続発掘品■鷹見作品の怖いのは、こういうところ。ものすごく嫌なやつとか、あくどいやつとかじゃなくて、普段やっていることを普段通りにやる人間が、時と場合によって、どれだけマイナスになるかという。油断の怖 ■続発掘品■鷹見作品の怖いのは、こういうところ。ものすごく嫌なやつとか、あくどいやつとかじゃなくて、普段やっていることを普段通りにやる人間が、時と場合によって、どれだけマイナスになるかという。油断の怖さを書いたら、ピカイチである。ついでに主人公側も、ずば抜けて秀でた資質もあるけど、フォーカスされるのがそこじゃなくて、自身の最善であろうとする姿勢を丁寧に書いているので、共感できる部分は非常に多く、その分没入度がすごいのである■舞台はSFなのに、自分の日常で振り返って考え、感じ、そして共感できる作品。 …続きを読む
    ナウ
    2015年06月20日
    1人がナイス!しています
  • 大局的見地に立てば,多少の犠牲というのは目をつぶる方が得策である.切り捨てる側に立てば,そう考えることは全く不思議なことではない.しかし,切り捨てられる側にたったことのある人間には,そのような合理的判 大局的見地に立てば,多少の犠牲というのは目をつぶる方が得策である.切り捨てる側に立てば,そう考えることは全く不思議なことではない.しかし,切り捨てられる側にたったことのある人間には,そのような合理的判断の無常さが良く分かっている. …続きを読む
    Humbaba
    2011年02月11日
    1人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品