試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2015年02月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784041024843

佃島用心棒日誌 白魚の絆

  • 著者 早見 俊
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2015年02月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784041024843

幕府の密命を帯びた若き侍の熱き血潮がたぎる、人情時代小説の新シリーズ!

謎の浪人立花左京介が佃島にやってきた。武芸十八般を習得する左京介は謎の密命を帯びているが、佃島で人情味溢れる人々や風俗に親しみ、やがてこの島を守ろうと役目を超えた強い使命感を抱くようになる――

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「佃島用心棒日誌 白魚の絆」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 著者初読みですが面白かったです。佃島を護るために用心棒となった左京介。のんびりと平和な眼差し、子供らにも優しいが腕はたつ。眼差しが優しいというのがいいですね。佃島の住吉神社は本当にこじんまりとしていま 著者初読みですが面白かったです。佃島を護るために用心棒となった左京介。のんびりと平和な眼差し、子供らにも優しいが腕はたつ。眼差しが優しいというのがいいですね。佃島の住吉神社は本当にこじんまりとしています。そこが由緒正しいお宮だったとは。江戸時代の佃島の様子がうかがえるのも興味深い。次巻も手元にあるので楽しみです。 …続きを読む
    ぶんこ
    2016年06月02日
    41人がナイス!しています
  • 渡し船にさえ酔う武士が、佃島の漁師になるという始まりに、軽い読み物かと思ったら、やはりかなり真面目な謀略政争モノだった。茫洋として失敗も多いけれど純粋でまじめな主人公に好感が持てる。しかし悪役はまたま 渡し船にさえ酔う武士が、佃島の漁師になるという始まりに、軽い読み物かと思ったら、やはりかなり真面目な謀略政争モノだった。茫洋として失敗も多いけれど純粋でまじめな主人公に好感が持てる。しかし悪役はまたまたあの人だったのにはちょっとね~~ …続きを読む
    めにい
    2015年02月28日
    6人がナイス!しています
  • 佃島の白魚漁のところは史実に基づいているが、そこに浪人風の武士が現れ、用心棒として雇われるというところは創作になっている。早見さんらしい爽やかなキャラクターを生み出していて、読んでいて楽しい。次巻以降 佃島の白魚漁のところは史実に基づいているが、そこに浪人風の武士が現れ、用心棒として雇われるというところは創作になっている。早見さんらしい爽やかなキャラクターを生み出していて、読んでいて楽しい。次巻以降も楽しみとなった。 …続きを読む
    goodchoice
    2016年04月12日
    3人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品