大奥女中は見た(一) 江戸城の虜囚

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2015年01月15日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784040704333

大奥女中は見た(一) 江戸城の虜囚

  • 著者 菅沼 友加里
  • イラスト 水口 理恵子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2015年01月15日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784040704333

訳ありの大奥女中・お静が、権力に囚われし男女を凛として裁く!

江戸城大奥で火災が発生し、旗本が行方不明となった。御次女中のお静は、さる高位の人物からの依頼で火事の原因究明と旗本の捜索を開始するが……他3編を収録。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「大奥女中は見た(一) 江戸城の虜囚」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 大奥の序列やしきたりなどを良く知らないのでその点は興味深いけれど、所々身分などにしっくりこない言い回しがあるようで引っかかる。もっとも今まで読んできたものが必ずしも正しいという保証はないけれど。起こる 大奥の序列やしきたりなどを良く知らないのでその点は興味深いけれど、所々身分などにしっくりこない言い回しがあるようで引っかかる。もっとも今まで読んできたものが必ずしも正しいという保証はないけれど。起こる事件も、簡単に解決しすぎるような気がするし、後ろ盾の真実もあっさりと書かれすぎなきがした。 …続きを読む
    mikipon
    2016年08月24日
    14人がナイス!しています
  • 主人公は安全圏なのかと思いきや、同僚の妬みからピンチもあってドキドキ。大奥の中の女たちの心情や状態を憂う描写が出てくるが、お静の心の拠り所が大奥の外にあるから気持ちが相容れないのは当然で、その部外者意 主人公は安全圏なのかと思いきや、同僚の妬みからピンチもあってドキドキ。大奥の中の女たちの心情や状態を憂う描写が出てくるが、お静の心の拠り所が大奥の外にあるから気持ちが相容れないのは当然で、その部外者意識が度々引っかかる。でも四話目の「絆」で、彼女と大奥の距離がグッと縮まったように感じた。母の愛は時に子を救うが、過ぎれば子を滅ぼしてしまう。ため息。 …続きを読む
    ニャーテン
    2015年03月15日
    1人がナイス!しています
  • ★★★☆☆ ★★★☆☆
    レオナルド
    2018年02月04日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品