試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2014年12月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
240
ISBN:
9784044089115

正法眼蔵入門

  • 著者 頼住 光子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2014年12月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
240
ISBN:
9784044089115

死の直前まで20年にわたって書き継がれた大著『正法眼蔵』の核心を描く!

固定化された自己を手放すとき私は悟り、世界が目覚める。それが生きてある時の経験である──。道元の文章に即し全八七巻の核心を存在・認識・言語という哲学的視点から鮮やかに読み解く。『道元』を改題。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「正法眼蔵入門」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 正法眼蔵が難解な書物という認識もなければ、道元についても鎌倉新仏教の6人のうちの一人という程度の認識しか持たず本書に手を出してみたら入門と銘打っている本書ですら想像以上に難解だった。「死後は生前の延長 正法眼蔵が難解な書物という認識もなければ、道元についても鎌倉新仏教の6人のうちの一人という程度の認識しか持たず本書に手を出してみたら入門と銘打っている本書ですら想像以上に難解だった。「死後は生前の延長上」「山が動く」「時間に対する認識」この辺から私なりに道元の思想を理解しようとすると「物事の流動性」というものがぼんやりと頭に浮かんだのだがどうだろうか。現代に道元が生きていたら当時はなかったであろう宇宙という概念を基にどんなことを考えていたか少し気になる。 …続きを読む
    みこ
    2020年07月11日
    20人がナイス!しています
  • 『正法眼蔵』にチャレンジする前の助走のつもりで軽く読めるかと思ったのは誤算でした。道元の用語法の分析から解き明かすという方法論はある意味大いに助かるのですが、その論理を理解するのも難解ですね。言葉の意 『正法眼蔵』にチャレンジする前の助走のつもりで軽く読めるかと思ったのは誤算でした。道元の用語法の分析から解き明かすという方法論はある意味大いに助かるのですが、その論理を理解するのも難解ですね。言葉の意味を固定する(文節)と固定しない(無文節)というメスでもって腑分けする行為もまた文節=分別ではないかという疑念が残る。「悉有仏性」を「すべての存在に仏性がある」と読む従来の解釈を「悉有」が「仏性」であると読み換えているというのが一つのキーかな。超現実的な実在を認めない点では、道元はむしろ現代の感覚に近いかも。 …続きを読む
    禿童子
    2017年06月15日
    15人がナイス!しています
  • 正法眼蔵は晦渋な表現で、理解できる時が来るのかと思っていたが、仏教の入門書や中村元の『龍樹』を読んでから、この本を読むと、点と点が先で繋がり、正法眼蔵の内容をよく理解することができた。決して難しくは無 正法眼蔵は晦渋な表現で、理解できる時が来るのかと思っていたが、仏教の入門書や中村元の『龍樹』を読んでから、この本を読むと、点と点が先で繋がり、正法眼蔵の内容をよく理解することができた。決して難しくは無いということを教えてくれた貴重な本。チャレンジして良かった。何度か読み返したい。カントの考えを先取りしているところがあると思ったが、感想をつらつら書くと、折角理解できた内容が陳腐化しそうで怖いので、あえて書かないことにする。 …続きを読む
    ゆとりくん
    2021年01月03日
    3人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品