試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2016年07月27日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
192
ISBN:
9784047035751

装いの王朝文化

  • 著者 川村 裕子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2016年07月27日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
192
ISBN:
9784047035751

装束の文化を知れば、王朝文学がもっとおもしろくなる!

衣服は、いつの時代も、着用している人物の位や性格など、様々な情報を示してきた。『源氏物語』『枕草子』などの作品の記述を手がかりに装束の記号性を読み解き、作品の新たな解釈と古典を読む楽しみを味わう!

目次
第一章 社会の呪縛と衣が語るもの
第二章 狩衣と恋が語るもの
第三章 直衣と普段着が語るもの
第四章 人物の衣が語るもの
第五章 時のなかの衣が語るもの
第六章 着替えの衣が語るもの
第七章 親子の衣が語るもの

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「装いの王朝文化」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 平安朝古典シリーズの著者・川村裕子さんの平安文学でみる装束も実態。ほとんどが夫、子供の着物に関する文を抜粋し装束に込められた想いと制作時間の大変さ。装束を制作するのはいつも突然・・。 平安朝古典シリーズの著者・川村裕子さんの平安文学でみる装束も実態。ほとんどが夫、子供の着物に関する文を抜粋し装束に込められた想いと制作時間の大変さ。装束を制作するのはいつも突然・・。
    ゆずきゃらめる*本とお花♪
    2017年01月04日
    31人がナイス!しています
  • 王朝装束というと十二単などの女性装束を想像しますが、その影に隠れがちな男性装束に焦点をあてた本。『源氏物語』や『枕草子』『蜻蛉日記』などを引きながら、彼らが身に着けていた衣装が語るドラマ(例えば宇治を 王朝装束というと十二単などの女性装束を想像しますが、その影に隠れがちな男性装束に焦点をあてた本。『源氏物語』や『枕草子』『蜻蛉日記』などを引きながら、彼らが身に着けていた衣装が語るドラマ(例えば宇治を訪れる薫大将の装束とその後の行為が宇治人と薫の越えられない身分差を暗示します)を解き明かし、夫や息子のためにその装束の支度をする女性たちの奮闘ぶりも明らかにしてくれます。身分や性格、人との親密度だけでなく、夫や息子の衣装を支度した妻の自負や歓喜など、衣装には様々な物語が隠れていることを教えてくれる本でした。 …続きを読む
    syaori
    2016年10月17日
    30人がナイス!しています
  • 平安朝の装束を主に『源氏物語』『蜻蛉日記』から見る。ほぼ男性装束の話。カジュアルな狩衣は恋の衣装であり、光源氏らのお忍びの服。『蜻蛉日記』唯一の狩衣姿は、まだ夫婦の関係が良好だった時の明るい、恋の趣を 平安朝の装束を主に『源氏物語』『蜻蛉日記』から見る。ほぼ男性装束の話。カジュアルな狩衣は恋の衣装であり、光源氏らのお忍びの服。『蜻蛉日記』唯一の狩衣姿は、まだ夫婦の関係が良好だった時の明るい、恋の趣をまとっている。直衣もカジュアルと言われるけれどジャケットのような外出着でもあり、直衣で参内を許された高位の人物ではフォーマルに近いものでもあった。服を調達するのは妻。そこにプライドがある。既に離婚し、父方にいるらしい我が子道綱の衣装を仕立て、それを誇りを持って見つめる母。『蜻蛉日記』が読みたくなった。 …続きを読む
    Hiroko Ogino
    2019年11月25日
    13人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品