八犬伝 ―東方八犬異聞― 第14巻

関連作品有り

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2014年12月01日
判型:
B6判
商品形態:
コミック
ページ数:
178
ISBN:
9784041022207

関連作品有り

八犬伝 ―東方八犬異聞― 第14巻

  • 著者 あべ 美幸
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2014年12月01日
判型:
B6判
商品形態:
コミック
ページ数:
178
ISBN:
9784041022207

大ヒット★あべ美幸が贈る運命的浪漫譚!

絡み合う荘介と毛野の過去。そして信乃は自分を殺した「女」と莉芳、また自身との繋がりを知るが…?描き下ろしも収録!

メディアミックス情報

NEWS

プロモーションムービー

「八犬伝―東方八犬異聞―」PV

「八犬伝 ―東方八犬異聞― 第14巻」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 犬坂と犬川の因縁、そして莉芳と信乃の関係が明らかに!また浜路学友・るりがどうやら関わっている原因不明の失火事件。動きがあった14巻。荘介と対照的な蒼はワルなキャラだがどこか憎めない部分もあり、陰として 犬坂と犬川の因縁、そして莉芳と信乃の関係が明らかに!また浜路学友・るりがどうやら関わっている原因不明の失火事件。動きがあった14巻。荘介と対照的な蒼はワルなキャラだがどこか憎めない部分もあり、陰として生きてきた彼がどこかで救われて欲しい。荘介と蒼の対峙、莉芳・信乃と母との対決を期待!犬村作の人形・・・あれは理想なのでは?(笑)現実はキビシイ!兄が一枚も二枚も上手だもの・・・。毎回思うステキな彼ら。 …続きを読む
    すみの
    2015年02月01日
    27人がナイス!しています
  • 新刊を読む前に再読。毛野と荘介は両家の過去の因縁を知るため故郷へと旅立つ。置いてきぼり信乃のぐるぐるが可愛い♡里見家の家臣だった犬川家、犬阪に初めに奪われたのは犬川でそれを取り戻しているのが蒼、荘介と 新刊を読む前に再読。毛野と荘介は両家の過去の因縁を知るため故郷へと旅立つ。置いてきぼり信乃のぐるぐるが可愛い♡里見家の家臣だった犬川家、犬阪に初めに奪われたのは犬川でそれを取り戻しているのが蒼、荘介と蒼は1つが別れたものというよりは最初から別…双子⁉人の親となった九重の決意。信乃の母親のこと。バラバラに見えた糸が実は複雑に絡みあっていてそれが1つずつ解けていく展開、まさに伏線回収の巻。帝都に続く不審火は要がるりに渡したお守りの行き過ぎた力によって…どんなに他者の幸せを願おうとそれを決めるのは自分。 …続きを読む
    ミキ(←ツイッターと同じにしました)
    2019年01月03日
    26人がナイス!しています
  • 今回もスゴイ読み応え!一冊で泣いて笑って大変なことに!動きはあるんだけどまだまだ謎が多すぎ、続きが読みたくて死にそうです。それにしても要と五狐はすっかりお笑い要員♪和むな~。 今回もスゴイ読み応え!一冊で泣いて笑って大変なことに!動きはあるんだけどまだまだ謎が多すぎ、続きが読みたくて死にそうです。それにしても要と五狐はすっかりお笑い要員♪和むな~。
    しましまこ
    2014年11月30日
    22人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品