富士見新時代小説文庫

裏門切手番頭秘抄(一) 青雲ノ閃

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2014年09月13日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784040703008

富士見新時代小説文庫

裏門切手番頭秘抄(一) 青雲ノ閃

  • 著者 福原 俊彦
  • イラスト 西 のぼる
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2014年09月13日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784040703008

江戸城の「裏」を識り……幕府の「闇」を斬る――!!

江戸城・大奥の裏門を警護する切手番頭の高槻宗一郎は、松平伊豆守信明の密偵でもあった。主命により幕政の闇を探る彼は、白河藩主・松平定信、そして老中・田沼意次と邂逅し、権謀の深淵で己が正義を貫かんとする!


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「裏門切手番頭秘抄(一) 青雲ノ閃」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 上田秀人氏が解説で褒めているので読んでみたら、作風まで上田秀人作品によく似ている。にしても独自の仕掛けはしてあるし、終盤の二転三転する展開は読ませる。オリジナリティーという面では弱いがシリーズというこ 上田秀人氏が解説で褒めているので読んでみたら、作風まで上田秀人作品によく似ている。にしても独自の仕掛けはしてあるし、終盤の二転三転する展開は読ませる。オリジナリティーという面では弱いがシリーズということなので次巻以降独自の味がより強く出てくればよいかと。 …続きを読む
    海猫
    2014年12月03日
    52人がナイス!しています
  • よく行くお店で、店主と作家さんが知り合いとのことで貸していただいて読んだ。主人公の一人称が「俺」だったり、文章として気になる部分はあるけれど、小説としてはデビュー作だそうだし、敢えて現代風にしているの よく行くお店で、店主と作家さんが知り合いとのことで貸していただいて読んだ。主人公の一人称が「俺」だったり、文章として気になる部分はあるけれど、小説としてはデビュー作だそうだし、敢えて現代風にしているのかな?と思うところもあるので読み進む。いわゆるテレビドラマ化されている時代劇のノリで、可もなく不可もなく展開する。さらりと読むには楽しめた。 …続きを読む
    kuroyagi
    2015年03月02日
    2人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品