中国故事

中国故事

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2014年12月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784044071066
label

中国故事

  • 著者 飯塚 朗
  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2014年12月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784044071066

中国故事から、汲めども尽きぬ人生の知恵を学ぶ!

故事成語は、『論語』や『孫子』などの教訓を編み込んだ、人生の指針である。日常会話にも使われる「流石」「杜撰」「五十歩百歩」、名言・格言として知られる「帰りなん、いざ」「燕雀いずくんぞ鴻鵠の志を知らんや」、絶世の美女として知られる「楊貴妃」「虞美人」ほか、知って役立つ言葉を厳選。各々の来歴について、古典文献の引用を示しながら、物語調の短い名文でその核心を著す。手紙やスピーチなどにも使える、最良の入門書! 故事成語は、『論語』や『孫子』などの教訓を編み込んだ、人生の指針である。日常会話にも使われる「流石」「杜撰」「五十歩百歩」、名言・格言として知られる「帰りなん、いざ」「燕雀いずくんぞ鴻鵠の志を知らんや」、絶世の美女として知られる「楊貴妃」「虞美人」ほか、知って役立つ言葉を厳選。各々の来歴について、古典文献の引用を示しながら、物語調の短い名文でその核心を著す。手紙やスピーチなどにも使える、最良の入門書!

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

 まえがき

常用成語篇
膾炙
杜撰
推敲
出藍
杞憂
流石
矛盾
馬鹿
完璧
蛇足
挽歌
濫觴
龍断
守株
助長
逆鱗
蒲柳
辟易
敬遠
登龍門
食指
漁夫の利
古稀
切磋琢磨
鶏口牛後
臥薪嘗胆
井底の蛙
塞翁が馬
馬耳東風
螢雪
螳螂の斧
塗炭の苦
日暮れて道遠し
背水の陣
髀肉の歎
五里霧中
五十歩百歩
虎穴に入らずんば虎子を得ず
去る者は日に疎し
巻土重来
まず隗より始めよ
大義親を滅す
麒麟も老ゆれば駑馬に如かず
太公望
自暴自棄
小心翼々
折檻
戦々兢々
恙なし
白髪三千丈

教養篇
折柳
滄桑の変
国士無双
朝三暮四
九牛の一毛
燕雀いずくんぞ鴻鵠の志を知らんや
嚢中の錐
鶏鳴狗盗
帰りなん、いざ
瓜田李下
愚公山を移す
脣亡びて歯寒し
陽関三畳
伯楽
曲学阿世
蝸牛角上の争い
明鏡止水

友情篇
水魚の交
管鮑の交
刎頸の交
金蘭の交
忘年の交
莫逆の友
竹馬の友
肝胆相照らす
知音
興に乗る

美人篇
虞美人
王昭君
楊貴妃
西施
卓文君
コウ娥
織女
飛燕
真真
聶<外字>

情愛篇
琴瑟の和
秋扇
細君
月下氷人
紅葉の媒
覆水盆に返らず
糟糠の妻
紅一点
章台の柳
偸香
破鏡
偕老同穴
画眉
断臂
輾転反側
杞梁の妻
柏舟の操
明眸皓歯
傾城傾国

人生篇
人生朝露の如し
邯鄲の夢
南柯の夢
華胥の夢
胡蝶の夢
揚州の鶴
桃源境

 引用書目表
 略年表
 文庫版あとがきにかえて

「中国故事」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • なんとなくで知っている言葉が多く、特に膾炙、杜撰、流石など、由来を知って驚くものもあった。知っている言葉から、知らない言葉まで。本来の意味とは違う言葉の変化も感じさせられた。改めて勉強になる良い本。 なんとなくで知っている言葉が多く、特に膾炙、杜撰、流石など、由来を知って驚くものもあった。知っている言葉から、知らない言葉まで。本来の意味とは違う言葉の変化も感じさせられた。改めて勉強になる良い本。
    サケ太
    2022年11月30日
    20人がナイス!しています
  • 故事成句のおさらいにもってこいの本。普段何気なく使っている言葉の成り立ちがわかれば、多少なりとも見識が深まる気がする。常用成語は特に一番使う。蛇足、膾炙、杜撰、馬鹿、鶏口牛後、などなど。知らないで使う 故事成句のおさらいにもってこいの本。普段何気なく使っている言葉の成り立ちがわかれば、多少なりとも見識が深まる気がする。常用成語は特に一番使う。蛇足、膾炙、杜撰、馬鹿、鶏口牛後、などなど。知らないで使うより、語源を知ることこそが教養だと思います。なかなか、いきなり塞翁が馬とか使ったらビックリされそうですが(笑)中国の偉人や詩人、英雄豪傑などが絡んでいて奥が深いなあと思います。オススメです! …続きを読む
    黒猫
    2016年11月16日
    16人がナイス!しています
  • 日常的に使う言葉が中国の故事から産まれていることを知れたり、なぜこの漢字なのかを知れたりしました。一回じゃ頭に入り込んで来なかった言葉も多いので、何回も読んで語彙力を高めていきます。 日常的に使う言葉が中国の故事から産まれていることを知れたり、なぜこの漢字なのかを知れたりしました。一回じゃ頭に入り込んで来なかった言葉も多いので、何回も読んで語彙力を高めていきます。
    オオサキ
    2016年04月26日
    10人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品