ザ・カルテル 上

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2016年04月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
640
ISBN:
9784041019665

ザ・カルテル 上

  • 著者 ドン・ウィンズロウ
  • 訳 峯村 利哉
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2016年04月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
640
ISBN:
9784041019665

世界を熱狂させた『犬の力』、待望の続編!

麻薬王アダン・バレーラが脱獄した。30年にわたる血と暴力の果てにもぎとった静寂は束の間、身を潜めるDEA捜査官アート・ケラーの首には法外な懸賞金がかけられた。王座に返り咲いた麻薬王は、血腥い抗争を続けるカルテルをまとめあげるべく動き始める。一方、アメリカもバレーラを徹底撲滅すべく精鋭部隊を送り込み、壮絶な闘いの幕が上がる――数奇な運命に導かれた2人の宿命の対決、再び。『犬の力』、待望の続篇。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ザ・カルテル 上」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • かなりのボリュームにも関わらず、一気に読まされ、むしろずっと終わらないで欲しいとすら感じる。『犬の力』から大きくスケールアップし、登場人物の数も死者の数も、凄いことになっている。その分、政府/警察/カ かなりのボリュームにも関わらず、一気に読まされ、むしろずっと終わらないで欲しいとすら感じる。『犬の力』から大きくスケールアップし、登場人物の数も死者の数も、凄いことになっている。その分、政府/警察/カルテルの組織名と、誰がどこに繋がっているのかを把握するのも一苦労を要する。カルテル側が煩雑すぎて、アダンがそこまで強大な存在に感じない時もある。まだ上巻ではケラーもそこまで存在感を発揮せず、エディやチュイといった気になる伏兵が物語を盛り上げる段階。これが下巻でどう収束していくのか、期待値は高まるばかり。 …続きを読む
    W-G
    2018年04月29日
    372人がナイス!しています
  • 2017年このミス 海外第2位。 「犬の力」の続編らしいが、麻薬をめぐる 暴力の連鎖は凄まじい。 麻薬王アダン・バレーラの存在感が際立って おり、その世界は奇妙に小気味好い。 アダン・バレーラと捜査官 2017年このミス 海外第2位。 「犬の力」の続編らしいが、麻薬をめぐる 暴力の連鎖は凄まじい。 麻薬王アダン・バレーラの存在感が際立って おり、その世界は奇妙に小気味好い。 アダン・バレーラと捜査官アート・ケラーの 宿命の対決は下巻のお楽しみ。 …続きを読む
    遥かなる想い
    2016年12月30日
    255人がナイス!しています
  • まず冒頭の著者による前書きに戦慄する。延々3.5ページに亘って改行もなく連なる名前の数々。本書を著すに当たってウィンズロウに協力した人々の名と思いきや、驚愕の事実が判明する。前書きの段階で私はこれから まず冒頭の著者による前書きに戦慄する。延々3.5ページに亘って改行もなく連なる名前の数々。本書を著すに当たってウィンズロウに協力した人々の名と思いきや、驚愕の事実が判明する。前書きの段階で私はこれから始まる物語が途轍もない黙示録であると想像した。複数のカルテルをアダン・バレーラとセータ隊の二大勢力が統合していく凄まじい闘争の物語だ。日本の戦国時代と同じ構図だが、それが生易しく思わされるほど、内容は凄惨極まる。社会を回しているのは司法か、麻薬カルテルか。単純に正義対悪では割り切れない複雑な社会の構図なのだ。 …続きを読む
    Tetchy
    2016年11月23日
    154人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品