角川文庫(海外)

新訳 道は開ける

世界的名著『道は開ける』が新訳で現代に蘇る

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2014年11月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
512
ISBN:
9784041019658
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川文庫(海外)

新訳 道は開ける

世界的名著『道は開ける』が新訳で現代に蘇る

  • 著者 D・カーネギー
  • 訳 田内 志文
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2014年11月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
512
ISBN:
9784041019658

世界的名著『道は開ける』が新訳で現代に蘇る

「人はどうやって不安を克服してきたか」永遠とも言えるテーマに、多くの人の悩みと向き合ってきたカーネギーが綴る、現代にも通ずる「不安、心配、悩み」の克服法。名著『道は開ける』の新訳文庫版。

メディアミックス情報

NEWS

「新訳 道は開ける」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • <備忘録。自戒を込めて>不安は漠然としていて、そのほとんどは実際には起きない。不安を書き留めて形にし、最悪の状況を想定する。外界の変えられないものは変えられない。けど、自分の見方は変えられる。「人は心 <備忘録。自戒を込めて>不安は漠然としていて、そのほとんどは実際には起きない。不安を書き留めて形にし、最悪の状況を想定する。外界の変えられないものは変えられない。けど、自分の見方は変えられる。「人は心で思った通りの人間になる」。苦境にいることが不幸なのではなく、苦境に耐えれないことが不幸。病気がちでも、あるがままの現実を受け止め、幸せな人もいる。自分の欠点に助けられることもある。感謝すべきことはいくらでもあるのかも。自分の努力を超えた部分は大きな存在に身を委ねる。人は大いなる生命の一部。(とのこと) …続きを読む
    slowlifer
    2017年07月23日
    34人がナイス!しています
  • 『道は開ける』再読。前回読んだときよりも自分の中に深く入ってきた気がする。本や偉人からの引用が多く、とても説得力のある文章になっている(具体例が多すぎて辟易する部分はあるが)。多くの人物の人生を追うこ 『道は開ける』再読。前回読んだときよりも自分の中に深く入ってきた気がする。本や偉人からの引用が多く、とても説得力のある文章になっている(具体例が多すぎて辟易する部分はあるが)。多くの人物の人生を追うことで、不安な気持ちを持っているのは当たり前だという当たり前なことが実感できた。不安を取り除き、より良い生き方を模索するためにこれ以上最適な本はない気がする。「超人とは、窮状を耐えるだけでなくそれを愛することができる人物である」「変えられないものはどうしても変えられない。だが私達には自分を変えてることはできる」 …続きを読む
    einstein
    2015年10月20日
    26人がナイス!しています
  • \道は開ける\ 原題は \How to stop worrying and start living\ つまり不安を解消することに多くのページがさかれている。不安の種類や対処法など読んでいると気持ちが \道は開ける\ 原題は \How to stop worrying and start living\ つまり不安を解消することに多くのページがさかれている。不安の種類や対処法など読んでいると気持ちが前向きになってくる。珠玉の言葉が並んでいるがあまりにもページが多いので後半は読んでいてだれてくる。もう少しコンパクトにまとめてあるとよかったと思う。 …続きを読む
    せいじ
    2018年05月31日
    24人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品