落花流水

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2015年01月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041019566

落花流水

  • 著者 山本 文緒
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2015年01月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041019566

家族とは、信頼とは、自由とは? 愛を求めて生きる手毬の60年を描く!

早く大人になりたい。一人ぼっちでも平気な大人になって、自由を手に入れる。そして新しい家族をつくる。勝手な大人に翻弄されたりせずに。若い母を姉と思って育った手毬の、60年にわたる家族と愛を描く。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「落花流水」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 1967年~2027年、10年毎に描かれる手毬とその周り。なんだかぎっしりで濃かった印象。色々気になることはあるけど、一番は律子の兄のこと。若いときから90歳過ぎまで毎月同じ日にお金を、なんてすごい。 1967年~2027年、10年毎に描かれる手毬とその周り。なんだかぎっしりで濃かった印象。色々気になることはあるけど、一番は律子の兄のこと。若いときから90歳過ぎまで毎月同じ日にお金を、なんてすごい。始めたときの状況を考えると数年でやめてしまってもいいのに、なんでそこまで…と。読み終えてから何度もあのお兄ちゃんのことを考えている。 …続きを読む
    coco夏ko10角
    2016年01月08日
    24人がナイス!しています
  • 奔放に生きた女三世代の物語。桜木紫乃さんの『ラブレス』を彷彿とさせますが、『ラブレス』の圧倒されるような感じはなかったように感じますねぇ。代々の母娘の間で起きる出来事は一見、破天荒ですが、それぞれに皆 奔放に生きた女三世代の物語。桜木紫乃さんの『ラブレス』を彷彿とさせますが、『ラブレス』の圧倒されるような感じはなかったように感じますねぇ。代々の母娘の間で起きる出来事は一見、破天荒ですが、それぞれに皆あっさりしていて淡白ですね。まあでも、その分、次の展開が楽しみで一気読みな作品でした。山本さんの作品は初めてでしたが、物語がすっと入ってくる感じは好みなので、直木賞受賞作の『プラナリア』や、吉川英治文学新人賞の『恋愛中毒』も手に取ってみようかと思いました。 …続きを読む
    niisun
    2015年04月22日
    21人がナイス!しています
  • 手毬というひとりの女性の人生を7歳から67歳まで10年刻みで綴る物語。この構成を巧みに使っており、次々と起こりすぎるあれこれはまさに波乱万丈。奔放な母を軽蔑していたのに、まさか同じような思いを娘にさせ 手毬というひとりの女性の人生を7歳から67歳まで10年刻みで綴る物語。この構成を巧みに使っており、次々と起こりすぎるあれこれはまさに波乱万丈。奔放な母を軽蔑していたのに、まさか同じような思いを娘にさせてしまうとは。嫌い合うかのようだった母娘が最後までつながりがあるところや、記憶をなくしたことは手毬にとって不幸に感じないあたりなど、考えさせられる場面が多々。初出は1999年。文緒さんの長篇小説はどれも時代を感じさせず。さすがだね。 …続きを読む
    アコ
    2017年09月03日
    19人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品