ベティ・ザ・キッド(下) 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2014年08月20日
商品形態:
電子書籍

ベティ・ザ・キッド(下)

  • 著者 秋田 禎信
  • イラスト 山田 外朗(ニトロプラス)
発売日:
2014年08月20日
商品形態:
電子書籍

「オーフェン」の秋田禎信が描く戦車+ガンプレイ+美少女ロードムービー!

「父さんは何故殺されたの?」父の仇を追って戦車で砂漠を旅する少女。その途上で得た真実は、復讐のみに彩られていた旅の航路を変えていく。砂漠に眠る大いなる謎の正体とは……。秋田禎信、渾身の傑作ついに完結!
  • ライトノベルEXPO
    ライトノベルEXPO

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ベティ・ザ・キッド(下)」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 下巻はスピード感がスゴかった!各キャラの活躍が描かれ、戦車戦、そしてラストの決闘…盛り上がる展開ばかりな上、上巻でバラ撒かれた謎のすべてを説明・回収していく様は見事な一冊でした。 とはいえ、作者が語っ 下巻はスピード感がスゴかった!各キャラの活躍が描かれ、戦車戦、そしてラストの決闘…盛り上がる展開ばかりな上、上巻でバラ撒かれた謎のすべてを説明・回収していく様は見事な一冊でした。 とはいえ、作者が語っているように「必要最小限の話数で話を作る」というテーマがあったためか、余分な脇道や日常描写、ギャグ要素がほとんどないのは少し寂しさも。 あと、哲学的というか小難しめな描写が多く、終始オーフェン第二部終盤のような作品なので読んでてちょっと疲れたかな…(^_^;) …続きを読む
    ハル
    2015年02月27日
    9人がナイス!しています
  • 「ヘブン」がなー。この手のファンタジーだかSFだかの楽園思想は好きになれんのよ。まぁそこに到達しておいて平然と帰ってくる辺りが秋田禎信クオリティなんでしょうか。ユルーイ話に期待。 「ヘブン」がなー。この手のファンタジーだかSFだかの楽園思想は好きになれんのよ。まぁそこに到達しておいて平然と帰ってくる辺りが秋田禎信クオリティなんでしょうか。ユルーイ話に期待。
    タカユキ
    2010年11月17日
    7人がナイス!しています
  • 総まとめというか再編というかリメイクというか、秋田世界観、人生観、価値観、等々を引き継いでいると思う。しあわせなひとときだった。信仰と、愛と、どうにもならなさと、あがきと、そういうものの物語、かな。 総まとめというか再編というかリメイクというか、秋田世界観、人生観、価値観、等々を引き継いでいると思う。しあわせなひとときだった。信仰と、愛と、どうにもならなさと、あがきと、そういうものの物語、かな。
    黒木シン
    2010年11月05日
    3人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品