星やどりの声

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2014年06月20日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784041013359

星やどりの声

  • 著者 朝井 リョウ
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2014年06月20日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784041013359

若き直木賞受賞作家・朝井リョウが描く、感動の物語

東京ではない海の見える町で、亡くなった父の遺した喫茶店を営むある一家に降りそそぐ奇蹟。若き直木賞受賞作家が、学生時代最後の夏に書き綴った、ある家族が「家族」を卒業する物語。

主な登場人物


おすすめコメント

満点の星空のように澄み切って、ほんの少し寂しい今日は、明日と出会うための今日。
卒業の今日を迎えるこのありふれた家族に、どうか幸多からんことを。
――有川浩

この小説は、6つのナミダと、1つのトリハダでできている。僕の好きな人が、この本を読んでくれますように。
――中村航

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「星やどりの声」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 父を亡くした三男三女の話。父親を亡くした事でそれぞれ我慢しながら生きている様に涙しました。感想ではありきたりになりますがふっと存在させる言葉の数々は流石。心が洗われました。 父を亡くした三男三女の話。父親を亡くした事でそれぞれ我慢しながら生きている様に涙しました。感想ではありきたりになりますがふっと存在させる言葉の数々は流石。心が洗われました。
    ナイスネイチャ
    2015年07月28日
    234人がナイス!しています
  • 父親を癌で亡くし、‘星やどり’という名の喫茶店を切り盛りする母親と姉妹兄弟6人の家族の物語。この本は六章で構成されており、長男の章で始まり、三男、二女、二男、三女、そして長女の章の順で話が進み、最後に 父親を癌で亡くし、‘星やどり’という名の喫茶店を切り盛りする母親と姉妹兄弟6人の家族の物語。この本は六章で構成されており、長男の章で始まり、三男、二女、二男、三女、そして長女の章の順で話が進み、最後に父親が‘星やどり’に込めた意味が明らかになる。中盤以降は、その先が気になって一気に読んだ。読み終えて朝井リョウという作家は、男女を問わず現在の高校生・大学生を描かせれば、右に出るものがいないと改めて感じた。この本で描かれていたものは、この後の朝井作品の『何者』と『世界地図の下書き』につながっていた。 …続きを読む
    hiro
    2015年05月05日
    219人がナイス!しています
  • 星やどり…。聴いたことのない言葉かもしれません。これは、ある喫茶店の名前なのです。一家の大黒柱がある願いをこめてつけた名前なのです。母親が切り盛りする純喫茶では、おいしいビーフシチューを食べることがで 星やどり…。聴いたことのない言葉かもしれません。これは、ある喫茶店の名前なのです。一家の大黒柱がある願いをこめてつけた名前なのです。母親が切り盛りする純喫茶では、おいしいビーフシチューを食べることができるんですよ。おいしい喫茶店には、やさしい人が訪れて、それを食べて育った6人の子どもたちは、これがまたやさしい子に育っているんですよね。そんな早坂家で起こる出来事と、子ども達の成長が描かれた、あったかい物語です。 …続きを読む
    masa@レビューお休み中
    2015年10月14日
    210人がナイス!しています

powered by 読書メーター

読者モニターレビュー

“ラスト10ページで溢れる涙”
六人の子どもたちそれぞれの視点で、亡き父への想いと家族の絆を綴った本書に、落涙しない世の父親は、おそらく皆無だろう。
この子どもたちには、よってたかって、泣かされた!(茶木則雄・書評家)

ズバリ、泣いてしまいました。6人兄姉弟妹の視点で描かれているので、正直、読み始めは、現在大人の、主婦の私に理解できるのか?と不安がありました。が、家族愛の深さに泣かずにはいられませんでした。(ayumiさん 40代女性・主婦)

初めて朝井リョウさんの作品を拝見しました。三男三女母ひとりの家族愛の物語。平凡の極みが幸せだということを感じました。押し付けがましい家族愛ではなく、温かい気持ちになれました。(ひろさん 30代女性・会社員)

著者紹介

朝井 リョウ(あさい りょう)

1989年岐阜県生まれ。早稲田大学文化構想学部在学中の2009年、『桐島、部活やめるってよ』で第22回小説すばる新人賞を受賞しデビュー。
2013年『何者』で第148回直木賞を受賞。他著作に『チア男子!!』、『もういちど生まれる』『少女は卒業しない』、『学生時代にやらなくていい20のこと』がある。今最も注目の若手作家。

最近チェックした商品