ねこまたのおばばと物の怪たち(角川つばさ文庫)

ねこまたのおばばと物の怪たち(角川つばさ文庫) 電子版

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2014年02月17日
商品形態:
電子書籍

ねこまたのおばばと物の怪たち(角川つばさ文庫)

  • 作 香月 日輪
  • 絵 みもり
発売日:
2014年02月17日
商品形態:
電子書籍

『妖怪アパートの幽雅な日常』香月日輪さんの勇気をくれる物語!

学校でいじめられ、家では新しいお母さんとうまくいかない5年生の舞子は、ゆうれいが出るというイラズ神社に、ひとり行かされる。すると、物の怪たちが暮らす、ゆかいな世界に入りこんだ。感動と勇気をくれる物語!【小学中級から ★★】

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「ねこまたのおばばと物の怪たち(角川つばさ文庫)」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 児童書。どこにも安らげる居場所がなかった舞子が猫又のおばばや物の怪達と知り合い触れ合ううちに前向きになり明るくなり学校でも家庭でも問題を解決していく。舞子の父親も(2度目の)母親もとってもバカで勿体無 児童書。どこにも安らげる居場所がなかった舞子が猫又のおばばや物の怪達と知り合い触れ合ううちに前向きになり明るくなり学校でも家庭でも問題を解決していく。舞子の父親も(2度目の)母親もとってもバカで勿体無いことするよね。こんなに素直で良い子なんだから、最初から舞子も含めて家族全員で弟の子育てをすれば何の問題もなかったのに!弟の誕生で家族が一つになるかバラバラになっちゃうか、心構え一つで正反対の結果になるんだね☆ …続きを読む
    hirune
    2015年03月14日
    44人がナイス!しています
  • 随分昔に読んだつもりでいたのに未読とは(^^;。この年末、帰りたいという孫娘の希望を断った。このおばばのように甘くありたいと思うが京都という地、なんだか子供が発熱しても病院や関係部署に☎してもたらい回 随分昔に読んだつもりでいたのに未読とは(^^;。この年末、帰りたいという孫娘の希望を断った。このおばばのように甘くありたいと思うが京都という地、なんだか子供が発熱しても病院や関係部署に☎してもたらい回しが多く、インフルエンザの検査もしてもらえないと聞く。心を鬼にしてお断りするのが普通の婆なのだが、年寄二人 年に1度来てもらえるのは嬉しいのだが、我が身大事の比重が増してきた(^^;。 …続きを読む
    はつばあば
    2020年11月24日
    42人がナイス!しています
  • 日輪さんの物語が読みたくて。彼女が遺した物語は、いじめだったり、親が喧嘩ばかりだったり、心が闇にとらわれそうになっている子どもたちを救済してくれるものばかり。おとなたちは背筋ぴんとのばして、子どもに立 日輪さんの物語が読みたくて。彼女が遺した物語は、いじめだったり、親が喧嘩ばかりだったり、心が闇にとらわれそうになっている子どもたちを救済してくれるものばかり。おとなたちは背筋ぴんとのばして、子どもに立ち姿を見せなくてはいけない。反面教師。 …続きを読む
    HoneyBEE
    2015年01月11日
    37人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品