角川新書

無罪請負人 刑事弁護とは何か?

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2014年04月08日
判型:
新書変形判
商品形態:
新書
ページ数:
256
ISBN:
9784041107645
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

作品特設サイト

角川新書

無罪請負人 刑事弁護とは何か?

  • 著者 弘中 惇一郎
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2014年04月08日
判型:
新書変形判
商品形態:
新書
ページ数:
256
ISBN:
9784041107645

刑事裁判の有罪率99.9%が示す日本の恐ろしい現実とは

多くの著名事件を手がけ「無罪請負人」の異名を取る辣腕弁護士が、日本の刑事司法の問題や特捜検察の腐敗ぶり、世論を真実から遠ざけるメディアの問題点などを提起する。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「無罪請負人 刑事弁護とは何か?」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 検察が冤罪を生む元凶であり、その片棒を担ぐのがマスコミ。「取調べの可視化」を一刻も早く進めるべきです。ただ弘中氏の身びいきも酷く、例えば小沢一郎や鈴木宗男は、弘中氏が言うほど清廉な政治家ではありません 検察が冤罪を生む元凶であり、その片棒を担ぐのがマスコミ。「取調べの可視化」を一刻も早く進めるべきです。ただ弘中氏の身びいきも酷く、例えば小沢一郎や鈴木宗男は、弘中氏が言うほど清廉な政治家ではありません。それを「米国の圧力で潰された」という陰謀論は全く荒唐無稽。また三浦和義を弘中氏は高潔な人物であるかのように語っていますが、コンビニで万引きするような人物ですよ。本書は、弁護人サイドの一方的な見方ですし、勝てば莫大な報酬が得られる訳です。弘中氏は公判戦術が優れているだけで、正しい人物とは全く思いません。 …続きを読む
    キック
    2014年05月24日
    37人がナイス!しています
  •  特捜部の歪みは、周知されていても、変わらぬ、愛する日本。特捜部だって、一部露出したとこだけが、腐っており、根幹には正義の理念の血が脈打っていると信じたい。信じられないけど、信じたい。  特捜部の歪みは、周知されていても、変わらぬ、愛する日本。特捜部だって、一部露出したとこだけが、腐っており、根幹には正義の理念の血が脈打っていると信じたい。信じられないけど、信じたい。
    ばんだねいっぺい
    2019年05月05日
    26人がナイス!しています
  • 「弁護士は正義の味方でも真実の探求者でもない。弁護士の本分は依頼者の利益の最大化である」 「人々の行動を自重させるのは法律でも道徳でもない、損得勘定である」 最近読んだ本からの受け売りだが、本書を読み 「弁護士は正義の味方でも真実の探求者でもない。弁護士の本分は依頼者の利益の最大化である」 「人々の行動を自重させるのは法律でも道徳でもない、損得勘定である」 最近読んだ本からの受け売りだが、本書を読みながら脳裏で二つのフレーズが反芻していた。弁護側は減刑請求や無罪要求など依頼者の利益を最大化するために動く。一方で検察側は法律や道徳ではなく組織の損得勘定で動く。この二つのエゴ(行動様式)が真っ向からぶつかり合うのが刑事裁判だ。そこでは社会正義や順法精神など二の次となる。そんな現実が行間含めて描かれていく。 …続きを読む
    hk
    2017年11月08日
    20人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品