バイロケーション スプリット

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2013年12月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784041011461

バイロケーション スプリット

  • 著者 法条 遥
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2013年12月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784041011461

二重存在「バイロケーション」の恐怖、再び!

料理人で殺し屋の佐和は、幼い頃から出現していた自身のバイロケーションと、共存の道を見出していた。だがある日、バイロケが勝手に殺しの依頼を受けて姿を消した。それが、新たな恐怖の始まりだった――。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

映画『バイロケーション』 予告編


「バイロケーション スプリット」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ややこしいわーー。バイロケーションがオリジナルから分離するだけでも、?が浮かぶのに、まだ増えますか。さらには、ハーフと。テーマは面白いし、ホラーなんだけど、基本的な設定を五月雨で増やしていくと、もはや ややこしいわーー。バイロケーションがオリジナルから分離するだけでも、?が浮かぶのに、まだ増えますか。さらには、ハーフと。テーマは面白いし、ホラーなんだけど、基本的な設定を五月雨で増やしていくと、もはや何でもありの様相。想像力がついていけませんでした。 …続きを読む
    とくけんちょ
    2020年04月19日
    56人がナイス!しています
  • なんか全体的に気持ち悪かった。後味が悪い終わりかただった。 なんか全体的に気持ち悪かった。後味が悪い終わりかただった。
    ちっちぃ
    2015年04月26日
    42人がナイス!しています
  • ドッペルゲンガーの上位版、バイロケーションの続編。前作とは違い、バイロケーションと共生している主人公の話。そのためドキドキ感は少なかったですが、前の話の補完的な要素があったので楽しめました。この本から ドッペルゲンガーの上位版、バイロケーションの続編。前作とは違い、バイロケーションと共生している主人公の話。そのためドキドキ感は少なかったですが、前の話の補完的な要素があったので楽しめました。この本から読む人に優しい作りではないので、前作から読むことをオススメします。”バイロケーションは発生する度にオリジナルの記憶を継承するが、バイロケーションの記憶はオリジナルに吸収されない”このロジックがとても面白いと思うんだけど、もう書かないのかなぁ。 …続きを読む
    うまる
    2019年11月09日
    23人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品