角川インターネット講座7 ビッグデータを開拓せよ 解析が生む新しい価値

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

ニコカド祭り2020
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2015年09月18日
判型:
A5判
商品形態:
単行本
ページ数:
272
ISBN:
9784046538871
ニコカド祭り2020

角川インターネット講座7 ビッグデータを開拓せよ 解析が生む新しい価値

  • 監修 坂内 正夫
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2015年09月18日
判型:
A5判
商品形態:
単行本
ページ数:
272
ISBN:
9784046538871

データは幸福な社会を創造するか。情報爆発が拓くデータ駆動型社会の実像!

SNS、検索、ショッピングの利用履歴からGPSやセンサーネットワークで得られた情報まで、ネットに蓄積された“ビッグデータ”。
その解析はどのような利益をもたらし、社会をどう変革するのか。
データ利活用の最新状況・事例・論点を整理し、情報化時代の新たなパラダイムを描き出す!

角川インターネット講座第7巻のテーマはビッグデータ。
分散処理、機械学習などの技術的解説から、法的側面まで、“ビッグデータ”のすべてがわかる一冊。

もくじ

序章 ビッグデータの挑戦 坂内正夫
第1章 ビッグデータの実像 佐藤一郎
第2章 データ科学をビジネスに結びつける 古谷知之
第3章 ビッグデータで儲ける3つの原則 矢野和男
第4章 ソーシャルデータを活用する交通システム 桑原雅夫、今井 武
第5章 データに語らせる科学 上田修功
第6章 データの住まうところ 松本直人
第7章 パーソナルデータとビッグデータ 佐藤一郎
第8章 IDとプライバシーの問題 森 亮二

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「角川インターネット講座7 ビッグデータを開拓せよ 解析が生む新しい価値」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ビッグデータについて。人が扱うことのできないくらい膨大になった情報をどういう風にまとめ、ビジネスやサービスやIOTにどういう風に利用するのか。 それ以外にもプライバシーや個人情報について。現在の法律に ビッグデータについて。人が扱うことのできないくらい膨大になった情報をどういう風にまとめ、ビジネスやサービスやIOTにどういう風に利用するのか。 それ以外にもプライバシーや個人情報について。現在の法律にも書かれていて興味があったので面白く読めた。 …続きを読む
    イノ
    2016年10月06日
    17人がナイス!しています
  • ハピネスメーターのところ面白かった ハピネスメーターのところ面白かった
    チェコ
    2016年08月23日
    4人がナイス!しています
  • 2013年の1年で約2ゼタ(2×10^20)バイト(前世期までの全人類の蓄積データの300倍近い量)が蓄積されたという。インターネットは膨大なストレージ量を高速の処理速度で地球規模に流通させ、石油に代 2013年の1年で約2ゼタ(2×10^20)バイト(前世期までの全人類の蓄積データの300倍近い量)が蓄積されたという。インターネットは膨大なストレージ量を高速の処理速度で地球規模に流通させ、石油に代わる資源とまでいわれる。この転換を本書は、人間社会の因果的思考から相関的・相互作用的思考へのシフトとする一方、質問応答→パターン認識→運転判断へ、定量から定性分析へ接近しようとするAIの動向とデータマイニング、ディープラーニングを作るアルゴリズムを詳説し、人間自身が情報処理される社会での法の問題にも言及する。 …続きを読む
    roughfractus02
    2018年05月28日
    3人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品