試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

作品特設サイト
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2014年01月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784041011942

石燕夜行 2 輪入道の巻

  • 著者 神護 かずみ
  • カバーイラスト 森 美夏
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2014年01月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784041011942

青年絵師×百鬼夜行が怪事を断つ。シリーズ第二弾!

江戸に作られた富士塚から夜ごと奇妙なうめき声が聞こえる。その噂と前後して吉原で大火が起き、ある大見世の楼主が焼死した。現場では火を噴く巨大な輪の怪と、蛇と蛭のような座頭と法師が目撃され……。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「石燕夜行 2 輪入道の巻」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 鏡花や塗楽さまが石燕のところへ酒を酌み交わしに来るシーンが好き。妖怪退治屋の鏡花と、妖怪の棟梁の塗楽。どちらも「人間の友人」には縁遠い。そんな自分たちを自然に迎えてくれる石燕は、得難い存在なのだと思う 鏡花や塗楽さまが石燕のところへ酒を酌み交わしに来るシーンが好き。妖怪退治屋の鏡花と、妖怪の棟梁の塗楽。どちらも「人間の友人」には縁遠い。そんな自分たちを自然に迎えてくれる石燕は、得難い存在なのだと思う。また、石燕を通じて鏡花は妖怪と、塗楽は退治屋とつなぎを付けようとすることもある。そんな付かず離れずの空気感が良い。酒や油をねだってゆく猫又の双尾丸もいい味を出してます。今回は、一巻で石燕の大事な女の人生を滅茶苦茶にした蛭法師と悪行の報いに目を失った蛇座頭のリベンジ。本気で憎しみをぶつける石燕がコワい。 …続きを読む
    ネムコ
    2014年02月11日
    15人がナイス!しています
  • 時空を飛び越えた奇妙塔やらどらきゅうらやら、現代的と言えばそうだが・・・石燕が描く妖怪たちは実際に描かれたモノなのだろうか? 時空を飛び越えた奇妙塔やらどらきゅうらやら、現代的と言えばそうだが・・・石燕が描く妖怪たちは実際に描かれたモノなのだろうか?
    めにい
    2015年08月24日
    6人がナイス!しています
  • これ読んでると百鬼夜行図が欲しくなる。登場する妖怪のビジュアルが見たい。 これ読んでると百鬼夜行図が欲しくなる。登場する妖怪のビジュアルが見たい。
    てんつく
    2014年05月10日
    6人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品