ウラミズ

第20回 日本ホラー小説大賞 読者賞

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2013年09月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784041010181

第20回 日本ホラー小説大賞 読者賞

ウラミズ

  • 著者 佐島 佑
  • カバーイラスト 越島 はぐ
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2013年09月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784041010181

荒俣宏氏、貴志祐介氏も絶賛! 第20回日本ホラー小説大賞読者賞受賞作!

霊が視えてしまう真城と、視えないけれどペットボトルの水に霊を溶かす力を持つ早音。その水を二つ混ぜることで強力な霊を発生させる"ウラミズ"を作り出した二人は、その水を売ってみようと思いつくが……。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ウラミズ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ★★★★★_「暗く黒い夜の底からフェア」第三弾。言い忘れてたけど、角川ホラー文庫をひたすら読むフェア。霊が視える男と、霊を封印できる女の、あまりにも霊を冒涜した商い。心霊系ホラー小説ではあるが、どちら ★★★★★_「暗く黒い夜の底からフェア」第三弾。言い忘れてたけど、角川ホラー文庫をひたすら読むフェア。霊が視える男と、霊を封印できる女の、あまりにも霊を冒涜した商い。心霊系ホラー小説ではあるが、どちらかというと「人間のこわさ」を描いている。最近、世界観が奇妙なホラー、サイコパス的なホラーが多い気がしていたので、「あぁ、ホラーってこういう寓話の要素があったよな〜うひょ」ということを思い出させてくれた、ある意味での純粋さに星5です。夜寝られないとかの怖さではないので、人によっては物足りなく感じるかもしれない。 …続きを読む
    キャプテン
    2017年09月06日
    56人がナイス!しています
  • 序盤は取っ付きやすく、主人公真城とヒロイン早音の出会いから深まる関係、そして霊を封じた水「ウラミズ」をビジネスとしてゆくまでの中盤の展開は、貴志祐介の評する「霊に対する敬意の欠如」が効いてよい感触。が 序盤は取っ付きやすく、主人公真城とヒロイン早音の出会いから深まる関係、そして霊を封じた水「ウラミズ」をビジネスとしてゆくまでの中盤の展開は、貴志祐介の評する「霊に対する敬意の欠如」が効いてよい感触。が、ヤクザとの関わりと妖女・狐寝子の背景あたりから急に登場人物が薄っぺらくなり、とっ散らかって主題があやふやなままラストに漂うなげやり感。出だしの感触は良かっただけにもったいないなぁ。そもそも霊を単なる“道具”として描いているのでちっともホラーになってないよね。『もっとがんばりましょう』 …続きを読む
    おかむー
    2014年11月29日
    46人がナイス!しています
  • ホラー大賞読者賞の作品です。除霊をビジネスにするお話。読者賞なので、読みやすいです。帯にもありましたが、映像化するともっと面白くなると思います。 ホラー大賞読者賞の作品です。除霊をビジネスにするお話。読者賞なので、読みやすいです。帯にもありましたが、映像化するともっと面白くなると思います。
    らむり
    2013年09月27日
    33人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品