まおゆう魔王勇者 「この我のものとなれ、勇者よ」「断る!」 (9)

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2013年12月26日
判型:
B6変形判
商品形態:
コミック
ページ数:
164
ISBN:
9784041209387

まおゆう魔王勇者 「この我のものとなれ、勇者よ」「断る!」 (9)

  • 著者 石田 あきら
  • 原作 橙乃 ままれ
  • キャラクター原案 水玉 螢之丞
  • キャラクター原案 toi8
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2013年12月26日
判型:
B6変形判
商品形態:
コミック
ページ数:
164
ISBN:
9784041209387

分裂した魔界は、人間をも混沌へと招く――

忽鄰塔で暗殺を企て、魔王への叛旗を翻した蒼魔族。彼らの思惑は聖王都をも巻き込み、新たな闘争の火種となり、人間界と魔界を焼き尽くそうとするのだった。
  • ニコニコカドカワ祭り2021
    ニコニコカドカワ祭り2021

メディアミックス情報

NEWS

「まおゆう魔王勇者 「この我のものとなれ、勇者よ」「断る!」 (9)」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • TURN OUT 隠されていたものが正体を現す1巻。今まで裏で蠢動していた蒼魔族の陰謀が暴かれ、魔王の懐刀の黒騎士の正体が明らかになります。先に明かされた魔界と人間界が一続きだった事実を前に勇者の救う TURN OUT 隠されていたものが正体を現す1巻。今まで裏で蠢動していた蒼魔族の陰謀が暴かれ、魔王の懐刀の黒騎士の正体が明らかになります。先に明かされた魔界と人間界が一続きだった事実を前に勇者の救う世界が大きく倍になる展開でした。大規模戦闘でも違和感を抱かせない作画の石田先生の画力にはすさまじいものを感じます。他のコミカライズと比べちゃいけないとは思うのですがねw …続きを読む
    H29リオのカーニバル
    2014年05月28日
    41人がナイス!しています
  • 最後の方の魔王と勇者のいちゃいちゃで顔面が爆発するかと思いました。可愛すぎるだろうこの二人。 あと、勇者と爺さんのやり取りのしょうもなさに笑ってしまったりとか。というか、爺さんを庇った勇者の言い分があ 最後の方の魔王と勇者のいちゃいちゃで顔面が爆発するかと思いました。可愛すぎるだろうこの二人。 あと、勇者と爺さんのやり取りのしょうもなさに笑ってしまったりとか。というか、爺さんを庇った勇者の言い分があまりにもあんまりで…(笑)胸重視なんですね。そしてそれを真顔で言って納得させてしまうくらいの説得力なんですね。ある意味凄いです。 魔王が弓を射られた時は本気で冷や冷やしましたが、何とか回復に向かってるっぽい…というか少なくとも勇者とプディングでいちゃこらする余力はあるっぽいので安心しました。火種が沢山ですね。 …続きを読む
    日奈月 侑子
    2014年01月19日
    19人がナイス!しています
  • 「魔王が……本当の勇者だよ」勇者が黒騎士の正体を明かすシーン、地味ながら原作でもここが大好きで、もう何度読み返したことか。忽鄰塔閉幕の第9巻、反乱者が明らかになると同時に魔界全体が魔王を中心に結束を固 「魔王が……本当の勇者だよ」勇者が黒騎士の正体を明かすシーン、地味ながら原作でもここが大好きで、もう何度読み返したことか。忽鄰塔閉幕の第9巻、反乱者が明らかになると同時に魔界全体が魔王を中心に結束を固める結果に。p96魔王「魔王という統治機構自体が過渡期的性質をもっている」いや専制だろうが民主制だろうがいつしか綻んで次のシステムへ移っていく、過渡期というならすべてのシステムがそんな性質を持つのではないか、原作を読んだときにはそんなところまでつらつらと考えてたのを思い出した。 …続きを読む
    あなほりふくろう
    2013年12月26日
    18人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品