禍家

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2013年11月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784041010990

禍家

  • 著者 三津田 信三
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2013年11月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784041010990

怪異が蠢く呪われた家で少年を襲う惨劇とは!?身の毛もよだつ最恐ホラー!

12歳の少年・棟像貢太郎は、東京郊外に越してきた。しかし、初めて住むはずのその家に既視感を覚えると、怪異が次々と彼を襲い始める。やがて貢太郎が探り出した、家に隠された驚愕の真実とは!?


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「禍家」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • よし今回は真っ当なホラーだったぞ(笑)。ひたひたと背後に迫る禍々しいモノ、暗闇から這い出る怪異、知っているはずがないのに見覚えのある風景、古い神をまつる昏き森、といかにもな道具を危なげなく活用し、終盤 よし今回は真っ当なホラーだったぞ(笑)。ひたひたと背後に迫る禍々しいモノ、暗闇から這い出る怪異、知っているはずがないのに見覚えのある風景、古い神をまつる昏き森、といかにもな道具を危なげなく活用し、終盤にはホラーの下地は崩すことなくミステリの要素も盛り込んだ上手さに感心させられた。『よくできました』。ラストの『まだある』締め方はありがちではあるが、いかにもなホラーらしさに沿っているこの作品の場合、あえてこうしたのであってもよいだろう。森の神がさらりとスルーなところは気になる、というか勿体無いよね。 …続きを読む
    おかむー
    2014年03月06日
    61人がナイス!しています
  • 三津田作品を読むたび、毎回、うまいなぁと思う。怖いでも面白いでもなく最初に思い浮かぶのがうまいなぁと。そのあとに、怖いとか面白いという感情が来る。今作でも怪異の舞台とその背景そして、怪異そのもの、結末 三津田作品を読むたび、毎回、うまいなぁと思う。怖いでも面白いでもなく最初に思い浮かぶのがうまいなぁと。そのあとに、怖いとか面白いという感情が来る。今作でも怪異の舞台とその背景そして、怪異そのもの、結末すべてにおいて大満足。 …続きを読む
    じゅんぢ
    2019年01月28日
    50人がナイス!しています
  • いやあ、怖かった。真相が分かるまでの貢太郎の身に降りかかる現象が怖くて、今日お風呂入れるかしらん>_<上総の森の祠を何とかしなきゃあ、、。 いやあ、怖かった。真相が分かるまでの貢太郎の身に降りかかる現象が怖くて、今日お風呂入れるかしらん>_<上総の森の祠を何とかしなきゃあ、、。
    ぽろん
    2019年01月27日
    48人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品