海底二万里 下 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2016年07月23日
商品形態:
電子書籍

海底二万里 下

  • 著者 ジュール・ヴェルヌ
  • 訳者 渋谷 豊
発売日:
2016年07月23日
商品形態:
電子書籍

世界の海をめぐる教授たちを待ち受ける景色とは? 胸躍る冒険譚

未来の科学技術を駆使して作られた潜水艦ノーチラス号を操る、寡黙で謎めいたネモ艦長。彼の厳然たる命に従い、アロッナクス教授たちは地球上のすべての海を巡る旅に連れ出される。インド洋から地中海、大西洋を南下して南極へ。氷づけになった潜水艦、巨大タコの襲撃、激しい暴風雨。次々に襲いくる危機をものともせず突き進むネモ艦長はいったい何者なのか。そして彼の目的とは? 時を越えて読み継がれる空想科学小説の原点。

メディアミックス情報

NEWS

「海底二万里 下」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ノーチラス号に囚われ三人。 一体ネモ艦長は何者なのか。 ここでの生活を楽しみつつも、三人は脱出の機会を今か今かと窺い―――。 ネモ船長の強い怒り。 ようやく彼らの謎が垣間見えた所で、事態が一変! 結局 ノーチラス号に囚われ三人。 一体ネモ艦長は何者なのか。 ここでの生活を楽しみつつも、三人は脱出の機会を今か今かと窺い―――。 ネモ船長の強い怒り。 ようやく彼らの謎が垣間見えた所で、事態が一変! 結局、彼らはどういった人たちで、その後ノーチラス号がどうなったのか。 たっぷりと余韻の残る話でした。  …続きを読む
    さくら
    2016年10月13日
    14人がナイス!しています
  • 世界中の海を廻る。結局海底人は出てこなかった…。1870年に読んでたら面白かったかもしれないけど、世界中の映像が見られる現代では退屈。魚の羅列がくどい。南極で氷の牢獄に閉じ込められたシーンだけ夢中にな 世界中の海を廻る。結局海底人は出てこなかった…。1870年に読んでたら面白かったかもしれないけど、世界中の映像が見られる現代では退屈。魚の羅列がくどい。南極で氷の牢獄に閉じ込められたシーンだけ夢中になった。 …続きを読む
    2016年11月11日
    5人がナイス!しています
  • 結局、帰ってきたから、この本があるという設定。故に、先は読めていたが、如何にしても帰るかが、ポイントであった。が、え、どうやって帰ったか分からないって。残念な終わりでした。タコとの戦いは面白かった。 結局、帰ってきたから、この本があるという設定。故に、先は読めていたが、如何にしても帰るかが、ポイントであった。が、え、どうやって帰ったか分からないって。残念な終わりでした。タコとの戦いは面白かった。
    すっちゃん
    2019年09月07日
    4人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品