配達されたい私たち

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2013年03月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784041007884

配達されたい私たち

  • 著者 一色 伸幸
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2013年03月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784041007884

心を失くした男が届ける、心をつなぐ7通の手紙。

死ぬことだけ考えて生きている、うつの男。死に場所と決めた廃屋で見つけたのは朽ちる寸前の手紙の束。男は放置された7通を郵便局員に代り配達することにした。すべて届けたら自殺してラクになる、そう決意して……


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「配達されたい私たち」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 最近、目立つ帯で書店に平積みされているのを見かけ、手にとりました。自らも鬱を患ったコトのある作者さんがうつ病の主人公を果たしてどう綴るのか、興味深々でした。ひょんなコトから7年前に配達されなかった7通 最近、目立つ帯で書店に平積みされているのを見かけ、手にとりました。自らも鬱を患ったコトのある作者さんがうつ病の主人公を果たしてどう綴るのか、興味深々でした。ひょんなコトから7年前に配達されなかった7通の手紙を配達するコトになった主人公「始」は配達先で、色んな人々に出会い、それぞれの場面で生きるコトについて考えさせられます。そんな流れで、僅かながらも少しずつ'自分'を取り戻していくのですが、展開は思わぬ方向へ…。決してお世辞にも明るい話とは言えず、常に'死'を意識している主人公がとてもツラく見えました。 …続きを読む
    おしゃべりメガネ
    2018年11月07日
    134人がナイス!しています
  • 七年前に捨てられた七通の手紙を偶然見つけ、死ぬ前に配達してみようといたずら心から、自ら閉ざしていた殻を少しずつ破ってなんとなく前進していく鬱病の青年。突然現れ、七年前の手紙を差し出す。困る者、喜ぶ者、 七年前に捨てられた七通の手紙を偶然見つけ、死ぬ前に配達してみようといたずら心から、自ら閉ざしていた殻を少しずつ破ってなんとなく前進していく鬱病の青年。突然現れ、七年前の手紙を差し出す。困る者、喜ぶ者、怒る者、対応は様々。七年前に手紙を受け取っていたらどうだったんだろう。人生変わっていたのだろうか。少し選択肢が増えるだけで、結局は変わらない着地点に落ち着いてしまう気がする。青年の感情はいつもドライ。それが安易なお涙頂戴になるのを抑制していて、よかった。みんなわがまま。わがままを支え合って生きている。 …続きを読む
    shizuka
    2016年03月17日
    55人がナイス!しています
  • 7年前に配達されなかった7通の手紙。うつ病の澤野がその配達をするのだが、7年もの間に色々なストーリーがあった。 7年前に配達されなかった7通の手紙。うつ病の澤野がその配達をするのだが、7年もの間に色々なストーリーがあった。
    mintia
    2019年02月13日
    22人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品