試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2013年09月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
960
ISBN:
9784041008256

グランド・ミステリー

  • 著者 奥泉 光
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2013年09月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
960
ISBN:
9784041008256

カオス、ロマンス、そして謎!--あの傑作が装いも新たに蘇る!!

昭和16年12月、真珠湾攻撃の直後、空母「蒼龍」に着艦したパイロット榊原大尉が不可解な死を遂げた。彼の友人である加多瀬大尉は、未亡人となった志津子の依頼を受け、榊原の死の真相を追い始めるが--

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「グランド・ミステリー」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 2013/9/26 Amazonより届く。 2015/8/14〜9/3 3年半ぶりの奥泉作品。 ううん、あとがきにもあったが、良いように読めば非常に重層的で奥の深い作品である。が、私には今一つ魅力が 2013/9/26 Amazonより届く。 2015/8/14〜9/3 3年半ぶりの奥泉作品。 ううん、あとがきにもあったが、良いように読めば非常に重層的で奥の深い作品である。が、私には今一つ魅力が良くわからなかった。何が謎であるのか、がイマイチぼけていて、また多層性がありすぎて、ポイントがぼけてしまっているように感じた。読みが浅かったのかな。 しかし、長い! …続きを読む
    gonta19
    2015年09月03日
    75人がナイス!しています
  • 読後は「う~ん」と唸っしまうぐらいの重さ(内容が)の一冊でした。ページ数が900ページを超える大作なので、通勤電車だけの読書では1.5か月もかかってしまいましたよ。読み応えがありましたね。真珠湾攻撃か 読後は「う~ん」と唸っしまうぐらいの重さ(内容が)の一冊でした。ページ数が900ページを超える大作なので、通勤電車だけの読書では1.5か月もかかってしまいましたよ。読み応えがありましたね。真珠湾攻撃から始まる服毒死ミステリから始まる壮大な世界に没入していつの間にか抜け出せなくなっていました。その真相を探り始めからの新たな謎との出会いが更に深い闇の中に導かれた思いがします。戦時中は真相を明らかにされていない様々な裏の取引や悪事そして謎の死というものが横行していた時代だったんだろうと思いましたね。 …続きを読む
    ちょこまーぶる
    2019年02月15日
    64人がナイス!しています
  • 大戦中に起きた海軍大尉の謎の死を基軸に始まるミステリー。そこから時空や時代、また人物の視点を縦横無尽に行き来して独特の酩酊感が生み出されていました。同じ場面をループして描かれる加多瀬が体験する場面は、 大戦中に起きた海軍大尉の謎の死を基軸に始まるミステリー。そこから時空や時代、また人物の視点を縦横無尽に行き来して独特の酩酊感が生み出されていました。同じ場面をループして描かれる加多瀬が体験する場面は、悪夢をさまよっているような圧迫感を感じ、圧巻でした。幻想小説、戦争小説、ミステリー、恋愛小説と色々な顔を持つ読み応えある作品でした。有閑階級のような範子のパートがとても好き。ラストは彼が来たのなら加多瀬も..と望みをかけます/本の自重で背表紙が割れるんじゃ..という厚さ。上下巻にすれば良かったかな(泣) …続きを読む
    かける
    2017年08月21日
    55人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品