シートン動物記 オオカミ王ロボ ほか

シートン動物記 オオカミ王ロボ ほか 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2013年10月25日
商品形態:
電子書籍

シートン動物記 オオカミ王ロボ ほか

  • 作 シートン
  • 訳 越前 敏弥
  • 絵 姫川 明月
発売日:
2013年10月25日
商品形態:
電子書籍

動物たちは、こんなふうに生きている! 涙あふれる、命の物語。

強くかしこいオオカミ王ロボ。ちょっとマヌケだけど、ご主人さま大好きな犬のビンゴ。お母さんも兄弟も死んで、ひとりぼっちで生きるクマのワーブ。ウサギの親子、モリーとギザの冒険の日々…… 感動の名作4編。【小学中級から ★★】

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「シートン動物記 オオカミ王ロボ ほか」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • この後、柳広司さんの『シートン探偵記』を読むつもりでいるので、その予習として読みました。厳しい野性動物の世界を動物の目線から描いた動物記。特に熊のワーブの物語は、子熊時代の辛くおぞましい体験から誰にも この後、柳広司さんの『シートン探偵記』を読むつもりでいるので、その予習として読みました。厳しい野性動物の世界を動物の目線から描いた動物記。特に熊のワーブの物語は、子熊時代の辛くおぞましい体験から誰にも心を開かず、孤独と知恵を糧に広大な縄張りを治めた巨熊の一生を壮大に描いた秀作です。年老いて不自由な体を引きずりながら、ガスの臭いに導かれて最期を迎える姿には涙を誘われました。狼王ロボは残酷で狡猾な狼の長でしたが、美しいメス狼の失態の為に自らの身を滅ぼすという物語。この辺は人間も同じかもしれませんね。(笑) …続きを読む
    白蓮
    2015年11月01日
    9人がナイス!しています
  • ビンゴとワープの話が特にすきだけど、オーラスのロボ王の話は、まるでハードボイルドミステリーの原型かのようだった。弱肉強食で賢いものだけが生き延びる世界。しかしロボ王は、運命の雌に出会ったがために王座を ビンゴとワープの話が特にすきだけど、オーラスのロボ王の話は、まるでハードボイルドミステリーの原型かのようだった。弱肉強食で賢いものだけが生き延びる世界。しかしロボ王は、運命の雌に出会ったがために王座を手放すことになる。なぜなら雌を愛していたから。なんとも最高の雄です。羨ましいぞ!ロボ王はかっこいい最高にいい男(オオカミ)です。孤高の男の去りぎわとして理想形です。愛は尊い。というわけで、すっかり動物に感情移入してしまいました。ジャック・ロンドンの『野生の呼び声』を読んだので、動物目線の物語を併せ読み。 …続きを読む
    Miho
    2020年03月21日
    8人がナイス!しています
  • 僕自身、犬を飼っていてビンゴの死んだときのことはよく分かります もしも死んでしまったら悲しいですし一回おばあちゃんの犬が死んだときに経験していますしなので共感しますね。 僕自身、犬を飼っていてビンゴの死んだときのことはよく分かります もしも死んでしまったら悲しいですし一回おばあちゃんの犬が死んだときに経験していますしなので共感しますね。
    ゆー。
    2014年10月11日
    6人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品