シートン動物記 サンドヒルの雄ジカ ほか

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2013年10月10日
判型:
新書判
商品形態:
文庫
ページ数:
208
ISBN:
9784046313553

シートン動物記 サンドヒルの雄ジカ ほか

  • 原作 シートン
  • 訳者 越前 敏弥
  • 絵 姫川 明月
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2013年10月10日
判型:
新書判
商品形態:
文庫
ページ数:
208
ISBN:
9784046313553

動物たちの、ほんとうのすがた! 命と自然、感動の物語。

生きるため、うさぎレースで走り続けるジャッキー。マガモ一家、初めての冒険。人間に捕まった子ギツネと、助けようとする母ギツネ。美しい雄ジカと、狩人ヤン。衝撃の結末が心をゆさぶる、シートン動物記第二弾!

メディアミックス情報

NEWS

「シートン動物記 サンドヒルの雄ジカ ほか」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 引き続き「シートン動物記」です。角川つばさ文庫版は1冊に4編が基本のよう。今回の4編は何かしら人間が絡む話でした。心優しい人間が子ガモの命を救い、群れに戻してやるという話もありましたが、動物からすれば 引き続き「シートン動物記」です。角川つばさ文庫版は1冊に4編が基本のよう。今回の4編は何かしら人間が絡む話でした。心優しい人間が子ガモの命を救い、群れに戻してやるという話もありましたが、動物からすれば人間は恐ろしい敵。そこを美化することなく淡々と描くのは学者ならではだと思いました。我が子に溢れる愛情をそそぐキツネのビックス母さん。人間に捕えられ、鎖に繋がれた我が子への愛は悲しい結末で終わります。これは愛なのか?動物の本能なのか?救われない思いで読み終えました。 …続きを読む
    白蓮
    2015年11月15日
    7人がナイス!しています
  • 19世紀末のアメリカの、今と大きく違う倫理観が滲み出る本。生物の生死を弄ぶ娯楽は悪趣味に映るとしても、むしろ食肉を当然にしながら動物と人間がフェアであると思える現代人の方が、この作中の人達からは理解で 19世紀末のアメリカの、今と大きく違う倫理観が滲み出る本。生物の生死を弄ぶ娯楽は悪趣味に映るとしても、むしろ食肉を当然にしながら動物と人間がフェアであると思える現代人の方が、この作中の人達からは理解できない存在かもしれない。ほぼ全てを本能で行っているかのような野生動物の行動が、体験者らの観察から文章に起きれば「種として生存に特化した思考」のように映ってくるのだから、興味深い。ただ、今の児童~中学生は読みたがらず、親は読ませたがらない(または読めない)だろうな。 …続きを読む
    ファーラス
    2016年11月01日
    5人がナイス!しています
  • 小1。いちばん面白かった話は、表題の「サンドヒルの雄ジカ」。 小1。いちばん面白かった話は、表題の「サンドヒルの雄ジカ」。
    サラサラココ
    2020年03月31日
    3人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品