角川つばさ文庫

秘密の花園

だれもしらないこの庭は、わたしだけのもの!

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2012年10月11日
判型:
新書判
商品形態:
文庫
ページ数:
232
ISBN:
9784046312679
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川つばさ文庫

秘密の花園

だれもしらないこの庭は、わたしだけのもの!

  • 作 バーネット
  • 文 栗原 ちひろ
  • 絵 椎名 優
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2012年10月11日
判型:
新書判
商品形態:
文庫
ページ数:
232
ISBN:
9784046312679

だれもしらないこの庭は、わたしだけのもの!

気むずかしやの少女メアリは、両親が死んで引きとられたおやしきの庭で、埋められていた秘密の花園のカギを手に入れる。この場所を生まれかわらせたい!人にも動物にも愛される少年ディコンと共にがんばるメアリは?

メディアミックス情報

NEWS

「秘密の花園」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 「私、お母さまを見るのは、好きでしたから」「見るのは、ね」この含みのある言い回し、序盤の描写があっさりだから深刻には響かないけれど、英領インド育ちの環境を見ると、乳母など含めそれはそれで特別なわけでは 「私、お母さまを見るのは、好きでしたから」「見るのは、ね」この含みのある言い回し、序盤の描写があっさりだから深刻には響かないけれど、英領インド育ちの環境を見ると、乳母など含めそれはそれで特別なわけではない。シークレットガーデン、翻案されたつばさ文庫版。完訳は例によって古典新訳文庫に頼ろうと思う。『小公女』『小公子』より後に書かれている。クレイヴンさんに沿った読みをすると「間に合った」と言う表現が『クリスマス・キャロル』とリンクするような雰囲気を生むのは花園の魔法、リリアスさんの呼びかけがまさにそれだろう。 …続きを読む
    歩月るな
    2018年09月25日
    8人がナイス!しています
  • 古書店にて購入。たくさんの出版社から出ているが、イラストがいいなと思ったので。初めて読んだがおもしろかった。心に刺さるシーンがけっこうあった。ダイジェスト版らしいので、次は全編訳版を読むかな。 古書店にて購入。たくさんの出版社から出ているが、イラストがいいなと思ったので。初めて読んだがおもしろかった。心に刺さるシーンがけっこうあった。ダイジェスト版らしいので、次は全編訳版を読むかな。
    どうしよう@新書等の積読あと400冊!
    2017年03月12日
    4人がナイス!しています
  • ――あなたの本当のお母さまは、きっとまだ、この庭にいらっしゃいます ―― 原題「The Secret Garden」。インドで両親を亡くしたメアリが、イギリスの大きな屋敷に住む叔父に引きとられ、そこで ――あなたの本当のお母さまは、きっとまだ、この庭にいらっしゃいます ―― 原題「The Secret Garden」。インドで両親を亡くしたメアリが、イギリスの大きな屋敷に住む叔父に引きとられ、そこで出会った病弱な従兄のコリン、動物と話ができるディコンとともに、見つけた「秘密の庭」の再生に熱中する中で少しずつ成長していく物語。ムスメに就寝前の読み聞かせ。 ―― ひとにはそれぞれ、ふさわしいとりぶんっていうのがあって、とりすぎたら不幸になるわ。 …続きを読む
    千木良
    2018年12月04日
    1人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品