試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2016年05月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041007860

花戦さ

  • 著者 鬼塚 忠
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2016年05月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041007860

秀吉に死を。花の家元、池坊専好の命をかけた仇討ち!

厚き友情と信頼で結ばれていた、花の名手・池坊専好と茶の名人・千利休。しかし秀吉の怒りを買い利休は非業の死を遂げた。専好の秀吉に対する怒りが増していく。そんな専好に秀吉への復讐の機会が訪れる…。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「花戦さ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 大河で目が肥えてしまったのか、天下人や天才たちの感情表現や言動があっさりしていて、読みやすいのですがドラマが軽い、物足りない感じです。時代小説を読むとその時代を知らないのにその時代の空気に触れているよ 大河で目が肥えてしまったのか、天下人や天才たちの感情表現や言動があっさりしていて、読みやすいのですがドラマが軽い、物足りない感じです。時代小説を読むとその時代を知らないのにその時代の空気に触れているような気持ちになれます。そして人間の欲望、才能への憧れや嫉妬など根本的なものは今と少しも変わらず、違うのは簡単に人が死ぬはかなさくらいでしょうか。私が立花や茶事に疎いためもあるかもしれませんが感動がさほど伝わらない。秀吉が利休に嫉妬し立腹した様子をほくそ笑む利休が嫌いな三成の描き方などマンガのようでした。 …続きを読む
    ケンイチミズバ
    2016年12月09日
    57人がナイス!しています
  • 読友さんからのお勧め本です。映画の原作だそうです。ページごとに映像として場面が浮かんでくるようなイキイキした作品でした。 読友さんからのお勧め本です。映画の原作だそうです。ページごとに映像として場面が浮かんでくるようなイキイキした作品でした。
    紫羊
    2017年06月30日
    28人がナイス!しています
  • 秀吉と利休の心情をわかりやすく描いていると思う。事実はどうなのか知らないが、利休と花道の池坊(初代専好)と秀吉の交流を描くなど、かなりバラエティーに富んだストーリー。 利休に嫉妬した秀吉はその頃から下 秀吉と利休の心情をわかりやすく描いていると思う。事実はどうなのか知らないが、利休と花道の池坊(初代専好)と秀吉の交流を描くなど、かなりバラエティーに富んだストーリー。 利休に嫉妬した秀吉はその頃から下り坂の人生となっているのも不思議ではないのであろう。また結末がエンターテイメント的に優れており、読後感も豊かである。17年に映画化された作品。映画のエンディングがどのような光景なのか見てみたい。 …続きを読む
    James Hayashi
    2019年06月17日
    27人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品