あやかし飴屋の神隠し

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2014年07月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
258
ISBN:
9784048668286

あやかし飴屋の神隠し

  • 著者 紅玉 いづき
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2014年07月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
258
ISBN:
9784048668286

あやかし飴屋がつくりだすのは、世にも不思議な妖怪飴。紅玉いづき最新作!

「俺は、多分、なんだって、視える」
「僕は、大体のものは、つくれますから」
 皮肉屋の青年・叶義は幼い頃、あやかしの神隠しに遭って以来、いかなるものも“視えないものはない”という。妖しい美貌を持つ飴細工師・牡丹はその手で“つくれないものはない”という──。
 二人の青年が営むは、世にも不思議な妖怪飴屋。奇妙な縁に惹かれた彼らは、祭り囃子の響く神社で今宵も妖怪飴をつくりだす。人と寄り添うあやかしの、形なき姿を象るために。あやしうつくし、あやかし飴屋の神隠し。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「あやかし飴屋の神隠し」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 贈られてきてくれた大切な本。このような機会がなかったら出会わなかったかもしれない。はかなげで、なつかしく、にぎやかな祭りの気配が本の中でひろがり、あやしげな妖怪飴屋がひっそりとお店をひらいてる。牡丹が 贈られてきてくれた大切な本。このような機会がなかったら出会わなかったかもしれない。はかなげで、なつかしく、にぎやかな祭りの気配が本の中でひろがり、あやしげな妖怪飴屋がひっそりとお店をひらいてる。牡丹がうみだす飴細工のうつくしさ、この目でたしかめられたらいいのに。蜜香の潔く、前向きな性格がとてもすき。 …続きを読む
    ダリヤ
    2014年10月21日
    103人がナイス!しています
  • ごちそうさまでした。とても美味しかったです。お祭りに漂う刹那の危うさと妖しさ。叶義の話はすごく深かった。個人的には蜜香が好きではあります。「やり直せばいいんじゃないですか。でも、そうしたら。ーーきっと ごちそうさまでした。とても美味しかったです。お祭りに漂う刹那の危うさと妖しさ。叶義の話はすごく深かった。個人的には蜜香が好きではあります。「やり直せばいいんじゃないですか。でも、そうしたら。ーーきっと僕らは出会わない」やり直したい、そう思うことは誰だってあるはず。生きてれば後悔だってする。でも、悪いことばかりではないんですよね。想い返せば、美しい想い出も出会いもあって、此処にいる。だからきっとやり直しなんていらないんだろうなぁと思います。飴と同じですぐに割れてしまうようなものでも、等しく美しいのですから。 …続きを読む
    しずく@rain
    2014年08月03日
    88人がナイス!しています
  • 行きは良い良い、帰りは恐い。妖かしと人との契はまさしくそれ。これは怖いながらも帰ってきた、少し壊れた青年と青年の物語。夏祭りの夜は人と妖かしの、異界と現実の堺を曖昧にする。飴細工を見た事があるか。塊が 行きは良い良い、帰りは恐い。妖かしと人との契はまさしくそれ。これは怖いながらも帰ってきた、少し壊れた青年と青年の物語。夏祭りの夜は人と妖かしの、異界と現実の堺を曖昧にする。飴細工を見た事があるか。塊が手の中、やわらかく伸びて徐々に姿を作りだして行く様は、まるで妖かしがこの世に姿を表す時の様で。繰り返しにじり寄る恐怖。姿が見えれば怖くない。形が掴めれば怖くない。でも全てが妖かしのせいではない。人間と半分この罪。飴は分けられないけれど。ありがとう、ごめんなさい、さようなら、とそう言えれば、よかっただけなのに。 …続きを読む
    ひめありす@灯れ松明の火1124亡羊會
    2015年03月29日
    85人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品