レターズ/ヴァニシング 書き忘れられた存在

レターズ/ヴァニシング 書き忘れられた存在 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2015年04月16日
商品形態:
電子書籍

レターズ/ヴァニシング 書き忘れられた存在

  • 著者 旭 蓑雄
  • イラスト おぐち
発売日:
2015年04月16日
商品形態:
電子書籍

この世のすべては神の記した“文字で”構成されている。

この世の事象はすべて、一つの体系で記された文字「世界言語」によって記されている。人間を構成する“文字”を操作し、肉体の形を直接歪める能力を持つ被検体・語羅部鵬珠。“文字”の可視化を封印するメタグラムが解除された瞬間、彼女は無邪気で残酷な殺人鬼へと変貌した。鵬珠は世界言語研究の第一人者である阿万野教授を殺害し、“法務官”の指令に従って収容所を脱出するが……。「沈黙の文字」を祖父に託されたという少年・虎風、神から言語で書き忘れられた女・ナノカ、そして異端の言語使用者・鵬珠。 彼らの宿命は混ざり合い、やがて世界は書き換えられる──。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「レターズ/ヴァニシング 書き忘れられた存在」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • イマイチ。というのも、世界言語がある世界観の説明にあまりにも文章を割きすぎているため、もっと肝心な物語というものがないがしろにされている感があるため。たぶん、著者はプログラマーとかのバリバリ理系なのだ イマイチ。というのも、世界言語がある世界観の説明にあまりにも文章を割きすぎているため、もっと肝心な物語というものがないがしろにされている感があるため。たぶん、著者はプログラマーとかのバリバリ理系なのだろうけれど、とにかく頭でっかちな本だった。あと、この手の物語にありがちな「最初は無能だった主人公の少年がじつはすごいパワーを持っていた」という展開も、あまり工夫がない。続編もあるようだけど、もう読まなくてもいいかな。 …続きを読む
    徒花
    2017年05月14日
    259人がナイス!しています
  • 「こいつ、謝る気ないみたい。もういいよ、行こっか?」お、面白いけど…難しかったな〜。なんだろう、文中にある言葉が難しすぎであまり入り込めなかったのかな。それともただたんに自分の頭が悪いせいかも知れない 「こいつ、謝る気ないみたい。もういいよ、行こっか?」お、面白いけど…難しかったな〜。なんだろう、文中にある言葉が難しすぎであまり入り込めなかったのかな。それともただたんに自分の頭が悪いせいかも知れないけどwそういえば、読んでて思ったけどこれってラノベっぽく無いんだよね。人がバンバン死んでるしさ(もちろん、グロかった…)でも、そんな設定だからこそこんな作品が生まれたんだよね。でも、グロいのも程々にしてほしいなw途中途中にある挿絵も強烈だったけど最後の挿絵が一番強烈で圧倒されました。星3つ【⭐️⭐️⭐️】 …続きを読む
    θ(シータ)
    2015年04月16日
    52人がナイス!しています
  • ふむ、面白いには面白いけどお互いに切った張ったのような書き換え的異能バトルかと思ったら、結構SFティックな作品。ライトノベルという媒体においては当然あるようなサービスシーン的なものもなく、ひたすら異質 ふむ、面白いには面白いけどお互いに切った張ったのような書き換え的異能バトルかと思ったら、結構SFティックな作品。ライトノベルという媒体においては当然あるようなサービスシーン的なものもなく、ひたすら異質に固く、ひたすら異質に黒い何か。なんとなく相関ぐらいしか見えないけど、それこそこの物語を世界言語で表さないと見えてこないことが多い気がする。つまり何が言いたいかというと何も理解できなかったという。個人的には、姫晴が好み。 …続きを読む
    中性色
    2015年07月01日
    30人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品