バベロニカ・トライアル 西春日学派の黄昏

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2014年09月10日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
408
ISBN:
9784048666893

バベロニカ・トライアル 西春日学派の黄昏

  • 著者 海羽 超史郎
  • イラスト ふゆの 春秋
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2014年09月10日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
408
ISBN:
9784048666893

少年と少女、約束された再会。それは破滅の始まり? それとも――。

研究都市、西春日市。地下実験を繰り返す学派に所属しつつ青春もしている葉柄の下にやってきた麗しの幼馴染み八重垣櫻。彼女がもたらすのは福音か破滅か。
  • ライトノベルEXPO
    ライトノベルEXPO

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「バベロニカ・トライアル 西春日学派の黄昏」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • なんとなく話が始まって読んでいたらなんとなく終わっていった感じ。自分の読解力が足りなかったのか作者の自己満足で話が進んでいたのか果たしてどちらだったのか?シュタゲのノベライズ版が良かったし同じようなS なんとなく話が始まって読んでいたらなんとなく終わっていった感じ。自分の読解力が足りなかったのか作者の自己満足で話が進んでいたのか果たしてどちらだったのか?シュタゲのノベライズ版が良かったし同じようなSF関係だったので期待していただけにショックがデカイ。 …続きを読む
    アウル
    2014年09月17日
    16人がナイス!しています
  • レースに見立てた超力技演算法で数学的難題を解決する研究都市で繰り広げられる本格SF・・・なのですが、私程度の・・・ぶっちゃけ「え? ヒルベルト? ああ、知ってる知ってる・・・『お・り・が・み』で見たし レースに見立てた超力技演算法で数学的難題を解決する研究都市で繰り広げられる本格SF・・・なのですが、私程度の・・・ぶっちゃけ「え? ヒルベルト? ああ、知ってる知ってる・・・『お・り・が・み』で見たし(震え声)」とかそんな程度の数学知識では何が何やらよくわからなかった・・・まぁ、一番難しかったのは最終的に何のお話だったのか、って所なのですが・・・難問の妙を味わうには説明不足かつ解不明瞭だし、ボーイミーツガールにしては何も始まってないし、「不明」自体を楽しむにはロマンに乏しいし・・・もやっとする読後感でした …続きを読む
    藤崎
    2014年09月16日
    6人がナイス!しています
  • 何だろう…、中々ストーリーが頭に入っていかない。テーマというかコンセプトが私には非常に難解で、キャラの会話から物語の輪郭をなぞり、何となく読めた感じです。でも決して嫌いではない。時間を置いてまた読みた 何だろう…、中々ストーリーが頭に入っていかない。テーマというかコンセプトが私には非常に難解で、キャラの会話から物語の輪郭をなぞり、何となく読めた感じです。でも決して嫌いではない。時間を置いてまた読みたいという気持ちはあります。 …続きを読む
    紅羽
    2014年12月24日
    5人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品