ソードアート・オンライン13 アリシゼーション・ディバイディング

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

作品特設サイト
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2013年08月10日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
296
ISBN:
9784048917575

ソードアート・オンライン13 アリシゼーション・ディバイディング

  • 著者 川原 礫
  • イラスト abec
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2013年08月10日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
296
ISBN:
9784048917575

離ればなれになったキリトとユージオはそれぞれの戦いに身を投じる――!

「咲け、青薔薇」 《公理教会》の象徴である白亜の塔《セントラル・カセドラル》、最高司祭《アドミニストレータ》の待つ最上階を目指すキリトとユージオ。 ついに二人は、《金木犀》の整合騎士アリスと再び対面する。しかし、キリトとアリスの《武装完全支配術》が暴走して塔の外壁を破壊、二人はカセドラルの外へと投げ出されてしまう。 キリトと離ればなれになったユージオは、相棒の存命を信じ、単身塔を上り続ける。そんな彼の前に現れたのは、最古にして最強の整合騎士、ベルクーリ・シンセシス・ワン。 子供の頃から憧れていた伝説の武人を前に、ユージオは青薔薇の剣を抜く。 その決闘の結末は、一人の剣士の誕生により幕を閉じる。 キリト不在の中、ユージオは整合騎士の鎧に身を包み、瞳に冷たい光を浮かべ――。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「ソードアート・オンライン13 アリシゼーション・ディバイディング」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 戦いの中キリトとアリスは塔の外へ投げ出され、ユージオは一人でそれぞれ最上階を目指す13巻。対立するキリトと図らずも2人で動く内にぽろっと見えるアリスのかわいさにはニヤリとさせられた。心が憶えている…に 戦いの中キリトとアリスは塔の外へ投げ出され、ユージオは一人でそれぞれ最上階を目指す13巻。対立するキリトと図らずも2人で動く内にぽろっと見えるアリスのかわいさにはニヤリとさせられた。心が憶えている…にはグッときて、絶対的なシステムの縛りを破ろうとする思いから、避けられない破滅の運命に抗うのはキリトだけではない可能性を一層感じられた。二振りの剣が出た頃から予感のあったラストは来るべき時が来たような感覚で印象的。キリトとユージオはどうなっていくのか、現実側の一枚岩ではない感じも含めて先が気になるお話でした。 …続きを読む
    shin
    2013年08月23日
    82人がナイス!しています
  • 金木犀の記憶は懐かしさの記憶。橙色の光溢れる夕暮れの帰り道。金の髪。五つ咲きの小さな花は幼き日に繋いだ手。二人の少年と一人の少女が並んで歩く。何もかも光の渦に包まれていた。あの日花は奪われ散らされた。 金木犀の記憶は懐かしさの記憶。橙色の光溢れる夕暮れの帰り道。金の髪。五つ咲きの小さな花は幼き日に繋いだ手。二人の少年と一人の少女が並んで歩く。何もかも光の渦に包まれていた。あの日花は奪われ散らされた。花びらが無残に踏み拉げられた。喪われた過去を見る右目はもうない。禁忌に奪われたのではなく、自ら捨てた。私はもうあの頃の私ではなく、あの私でもない。あらゆる者と戦い、それでも選び取った私を生きていく。まやかしの記憶になど、負けない。なのに何故、そこに青い薔薇が咲いているの。再び、道は別たれた。花が、哭いている。 …続きを読む
    ひめありす@灯れ松明の火
    2015年02月28日
    79人がナイス!しています
  • アリシゼーション5作目。80階でアリスと遭遇し戦闘に入るも床が抜けキリトとアリスは落下してしまう。キリトと協力して壁を登ることになったアリスは、魔物の襲来,そしてセリカの名前を聞き、キリトが語る公理教 アリシゼーション5作目。80階でアリスと遭遇し戦闘に入るも床が抜けキリトとアリスは落下してしまう。キリトと協力して壁を登ることになったアリスは、魔物の襲来,そしてセリカの名前を聞き、キリトが語る公理教会の真の姿を信じ、自ら右目の封印を解く。一方ユージオはキリトを信じ一人最上階を目指し、英雄ベリクーリとの戦闘になるが…。キリトの対女性スキルは半端ないなぁwもうアリスはツンデレちゃってwしかしアリスの心の強さはかっこよかった!!そしてフラグ通りのユージオとの対立。アドミニになびくの早っw→ …続きを読む
    Yobata
    2013年08月10日
    73人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品