ソードアート・オンライン4フェアリィ・ダンス

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

作品特設サイト
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2010年04月10日
判型:
A6判
商品形態:
文庫
ページ数:
328
ISBN:
9784048684521

ソードアート・オンライン4フェアリィ・ダンス

  • 著者 川原 礫
  • イラスト abec
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2010年04月10日
判型:
A6判
商品形態:
文庫
ページ数:
328
ISBN:
9784048684521

WEB上でも屈指の人気を誇った『フェアリィ・ダンス』編、完結!!

SAOから未だ帰還しないアスナを救うため、疑惑のVRMMO≪アルヴヘイム・オンライン≫にログインしたキリト。 その次世代飛行系ゲーム≪ALO≫は、≪魔法≫という概念、プレイヤーの反応力と判断力が勝敗を決めるアクション要素、そして≪妖精≫となって空を駆け巡る≪飛翔システム≫と、≪SAO≫に勝るとも劣らない高スペックで数多のプレイヤーを魅了していた。≪妖精≫スプリガンとなったキリトは、アスナの幽閉先 ── 全プレイヤーの最終目的地≪世界樹≫目指し突き進む……! 道中、妖精種族≪サラマンダー≫のプレイヤーたちの策略により、絶体絶命の危機に陥るキリトだったが、≪シルフ≫の少女・リーファの助力、ナビゲートピクシー・ユイのバックアップを受け、どうにか九死に一生を得る。 そしてついにキリトは≪世界樹≫の根元までたどり着く。しかしそのとき、リーファとキリトは互いの≪秘密≫を知ってしまい……。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「ソードアート・オンライン4フェアリィ・ダンス」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ネットゲームとかしないので、王道のファンタジー小説として読む。ヒロインの神々しさとか、ラスボスの小物っぷりとか、パーティメンバーとの淡い恋心とか、ああ知っている。けれど大好きだな、と思うような要素の沢 ネットゲームとかしないので、王道のファンタジー小説として読む。ヒロインの神々しさとか、ラスボスの小物っぷりとか、パーティメンバーとの淡い恋心とか、ああ知っている。けれど大好きだな、と思うような要素の沢山詰まった物語。最後のあれとか、現実編でのこれとか、そりゃいくらなんでもチートすぎるだろう、と思うのですが。それでも自らを鍍金の勇者と呼び捨て、現実もまたログアウトできないパルスの交換で、何処まで行ったってリアルはリアルなんだ、と言う主人公なので、彼が自らの幸運と強い気持ちで得た、強さなのだと思う事にします …続きを読む
    ひめありす@灯れ松明の火
    2012年07月23日
    128人がナイス!しています
  • すごくおもしろかった。1巻2巻のアインクラッドから始まったキリトの旅が、3巻からアルヴヘイムへとステージを移し、4巻でようやくアスナを救出、それと同時に真の意味でのSAOの攻略となった。クライマックス すごくおもしろかった。1巻2巻のアインクラッドから始まったキリトの旅が、3巻からアルヴヘイムへとステージを移し、4巻でようやくアスナを救出、それと同時に真の意味でのSAOの攻略となった。クライマックスのバトルが少々呆気なさを感じはしたものの(どっちもね)、ストーリー自体は凄く楽しめた。愛する人のために猪突猛進、仲間の力を借りて必死で突き進む姿には燃えた。そして直葉の方も失恋を乗り越えてより強く生きてほしいね。また新しいアインクラッドで、みんなと絆を紡ぎながら。 …続きを読む
    星野流人
    2012年12月03日
    71人がナイス!しています
  • 3巻の続き。ついに世界樹に到達し、内部に突入するという所でキリトとは和人,リーファは直葉だとバレる。スグはキリト争奪戦には参加せずに妹ポジションに収まるみたいねw。あと3巻から思ってたけど、いい大人が 3巻の続き。ついに世界樹に到達し、内部に突入するという所でキリトとは和人,リーファは直葉だとバレる。スグはキリト争奪戦には参加せずに妹ポジションに収まるみたいねw。あと3巻から思ってたけど、いい大人が自分をオベイロンとか名前つけて世界の王だとか言ってて、あれは恥ずかしくないのかなw?結局かませ犬みたいな死に方したしw。それにしてもアスナの正妻力はすげぇな。シリカとリズはまた出てきて良かったけど、アスナ強すぎて争奪戦すら起こらない予感…。次はどんなVRMMORPGの世界へ行くのか? …続きを読む
    Yobata
    2012年07月18日
    67人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品