試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2013年05月10日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
312
ISBN:
9784048915328

ノロワレ弐 外法箱

  • 著者 甲田 学人
  • イラスト 三日月 かける
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2013年05月10日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
312
ISBN:
9784048915328

“また自分の知らない風習か……” 鬼才が放つ新たな呪いの物語、第2弾!

同級生・日高護の祖母の葬式に出席した真木現人は、そこで騒ぎに巻き込まれる。それは日高が過去に祖母から聞いた「神様の入った箱」を差し出せというもので――。
  • ライトノベルEXPO
    ライトノベルEXPO

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ノロワレ弐 外法箱」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 田舎を舞台にした呪いの物語の第二弾。友人の葬式に行った現人が呪いの騒動に巻き込まれる…な話。物語の展開そのものは割と予想しやすくあっさりしていますが、気味が悪い描写の数々は相変わらず秀逸ですね。田舎と 田舎を舞台にした呪いの物語の第二弾。友人の葬式に行った現人が呪いの騒動に巻き込まれる…な話。物語の展開そのものは割と予想しやすくあっさりしていますが、気味が悪い描写の数々は相変わらず秀逸ですね。田舎という狭い舞台だからこそ、人間関係の醜い部分がより際立ってくる感じが堪らなく好きだわ。人死にこそ出ませんが、エグミや後味の悪さは「断章のグリム」以上かもしれません。命が今後のカギを握る人物っぽいし、次巻も期待してます。しかし、祐希子の無神経さは流石に行き過ぎな気もしますな。 …続きを読む
    まりも
    2015年05月27日
    45人がナイス!しています
  • 日本の昔から続く家系のなかに潜む呪いを描いた作品となっていました。グロ描写も結構あるので、好き嫌いは分かれるのではないか、と思いました。シリーズものとはいえ、一冊で完結しているので読みやすかったです。 日本の昔から続く家系のなかに潜む呪いを描いた作品となっていました。グロ描写も結構あるので、好き嫌いは分かれるのではないか、と思いました。シリーズものとはいえ、一冊で完結しているので読みやすかったです。独特の不気味が癖になりそうです。 …続きを読む
    そのぼん
    2013年06月29日
    43人がナイス!しています
  • 面白かった。文章だからこそ伝わる音や異形の表現が相変わらず素晴らしい。この作者最大の持ち味を最大限に活かしてるよなぁ、ホント。結局一番怖いものは「人間」だとつくづく思う。最後に夢人が語った護を呪った人 面白かった。文章だからこそ伝わる音や異形の表現が相変わらず素晴らしい。この作者最大の持ち味を最大限に活かしてるよなぁ、ホント。結局一番怖いものは「人間」だとつくづく思う。最後に夢人が語った護を呪った人間についての種明かしにゾクゾクした。後味悪いけどある意味この作者らしい(笑)そして今回は夢人と対になる新キャラ、オミコサマである犬伏文音が登場。かなり重要な役割を与えられている様なのでこれからの活躍が非常に楽しみ。ラブコメや恋愛要素は全く期待しないけど現人と良いコンビになれたらもっと面白くなりそう。 …続きを読む
    コリ
    2013年05月12日
    31人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品