天穹のカムイ 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2014年07月10日
商品形態:
電子書籍

天穹のカムイ

  • 著者 ハセガワ ケイスケ
  • イラスト 七草
発売日:
2014年07月10日
商品形態:
電子書籍

初恋の少女は、機械の羽を持った『神さま。』だった。

神さまが人間の願いを叶えるとしたら、神さまの願いを叶えるのは誰なんだろう──。 タケルは、夢の中でしか会えない少女に恋心を抱く中学2年生。ある日戦渦に巻き込まれた彼は、“天使”に囲まれ舞い降りる、機械の羽を持った少女に助けられる。 「あたしは、タケルの『神さま』だから」 そう言う少女の虹色をした瞳はあまりにも澄んでいて、この天穹(そら)みたいに煌々(きらきら)してた。──この感覚を初恋というのなら。きっと、たぶん、そうなんだろう。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「天穹のカムイ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 内容(「BOOK」データベースより) 神さまが人間の願いを叶えるとしたら、神さまの願いを叶えるのは誰なんだろう。タケルは、夢の中でしか会えない少女に恋心を抱く中学2年生。ある日、戦禍に巻き込まれた彼 内容(「BOOK」データベースより) 神さまが人間の願いを叶えるとしたら、神さまの願いを叶えるのは誰なんだろう。タケルは、夢の中でしか会えない少女に恋心を抱く中学2年生。ある日、戦禍に巻き込まれた彼は、“天使”に囲まれ舞い降りる、機械の羽を持った少女に助けられる。「あたしは、タケルの『神さま』だから」そう言う少女の虹色をした瞳はあまりにも澄んでいて、この天穹みたいに煌々していた。―この感覚を初恋というのなら。きっと、たぶん、そうなんだろう。 …続きを読む
    ソラ
    2010年01月16日
    4人がナイス!しています
  • ハセガワ先生らしい作品でしたね。一から十まで説明するのではなく、読者に考えてもらう為の抽象的な説明がまた良いです。タケルやカンナだけではなくナツミやテツとの距離感も思春期独特の雰囲気が出ていました。し ハセガワ先生らしい作品でしたね。一から十まで説明するのではなく、読者に考えてもらう為の抽象的な説明がまた良いです。タケルやカンナだけではなくナツミやテツとの距離感も思春期独特の雰囲気が出ていました。しかしラストが切ない…最初からこんな結末しか残されていなかったのかもしれないですが、なんともやり切れない気持ちでいっぱいですね……この気持ちこそこの作品の持ち味なのかもしれませんが。でもこんな気持ちにさせてくれるハセガワ先生の作品が大好きです。 …続きを読む
    ゴローさん
    2012年10月21日
    3人がナイス!しています
  • やさしくて哀しいボーイミーツガールと書かれてたんですが、最後まで読んで把握。タケル視点で読みましたが、タケルだけでなくカンナやナツミの気持ちも分かる気がしました。互いに願うからこそなんでしょうね。それ やさしくて哀しいボーイミーツガールと書かれてたんですが、最後まで読んで把握。タケル視点で読みましたが、タケルだけでなくカンナやナツミの気持ちも分かる気がしました。互いに願うからこそなんでしょうね。それでも知ることができたなら……とは思いますけれど。\変わらないものなんてない\というのは今なら理解できます。 …続きを読む
    2018年06月01日
    2人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品