真っ白い殺人鬼 電子版

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2021年10月25日
商品形態:
電子書籍

真っ白い殺人鬼

  • 著者 三輪・キャナウェイ
発売日:
2021年10月25日
商品形態:
電子書籍

その殺人鬼に殺されたらこの世から消えちゃうんだって

「ねえ、秘密のアプリって知ってる?」
いつものように教室の片隅にいると、楽しそうな女子たちの噂話が聞こえてきた。
【過去を自由に変えられる】という夢のようなアプリ。
みんな噂話だとわかっているけど「あったらどうする?」と話題が絶えない。
もし僕だったらどんな過去を変えるだろう? きっと「僕を『普通』の人間にして下さい」こう願うかな……。
次の日、いつものように登校すると――友人の三宮春乃が消えてしまっていた。
何故だかみんな春乃のことを憶えてないようだ。まるで元からいなかったみたいに。
「誰かが“アプリ”を使って、この世から春乃が存在した過去を消した?」
――秘密のアプリは夢なんか与えない。その日から噂は現実となり、僕たちの『普通』は壊れていった。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「真っ白い殺人鬼」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 『第3回ⅡⅤクリエイターアワード』の最優秀賞受賞作品。2000年生まれの若い作家さんだけあってスマホアプリをモチーフにした物語は新鮮。「過去を自由に変えられる」夢のようなアプリ。もし自分だったら、過去 『第3回ⅡⅤクリエイターアワード』の最優秀賞受賞作品。2000年生まれの若い作家さんだけあってスマホアプリをモチーフにした物語は新鮮。「過去を自由に変えられる」夢のようなアプリ。もし自分だったら、過去のどの場面を変えようか思い浮かべながら読み始めたが、実はこのアプリ、そんな生易しいアイテムではなかった。突然消えてしまう者。善人の仮面が剥がれ本性が剥き出しになる者。正義と悪、そして『普通』の定義についても考えさせられる。リーダビリティの高い文章で、思春期ならではの自意識や承認欲求がストレートに伝わる作品。 …続きを読む
    よつば🍀
    2021年12月25日
    62人がナイス!しています
  • 過去を変えられるアプリの話。ある日友人がこの世に存在しなくなってから、壊れていく日常と人間関係が面白いです。一体誰がそんなことを!って謎をひっぱらない、サクサク進む展開が良い。意外な死亡もあったし、他 過去を変えられるアプリの話。ある日友人がこの世に存在しなくなってから、壊れていく日常と人間関係が面白いです。一体誰がそんなことを!って謎をひっぱらない、サクサク進む展開が良い。意外な死亡もあったし、他人を出し抜かないと希望をかなえられない設定も上手く活きていました。各キャラ視点が読めるのも楽しかったですね。特に鬼畜な人のパートとか(笑) こういう疑心暗鬼の中の攻防戦みたいな話は大好物なので、あっという間に読んでしまいました。これを前哨戦として、ぜひとも続編を出してほしいです。 …続きを読む
    うまる
    2022年01月18日
    33人がナイス!しています
  • 過去を変えられるアプリをめぐる物語。2転3転するジェットコースターのような展開に、何度、「えっ!?」って言いそうになったことか。「普通の定義」って何だろうと考えさせられた。変えたい過去は山のようにある 過去を変えられるアプリをめぐる物語。2転3転するジェットコースターのような展開に、何度、「えっ!?」って言いそうになったことか。「普通の定義」って何だろうと考えさせられた。変えたい過去は山のようにあるが・・・(笑)。でも、このアプリはいらないなぁ~。 …続きを読む
    kou
    2022年01月04日
    28人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品