ヤマザキマリの世界逍遥録

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2021年03月31日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
176
ISBN:
9784048993388

ヤマザキマリの世界逍遥録

  • 著 ヤマザキ マリ
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2021年03月31日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
176
ISBN:
9784048993388

読んだら旅に出たくなる! ヤマザキマリの世界つれづれ見聞記

ロバに乗って断崖絶壁を上った「ペトラ遺跡で『インディ・ジョーンズ』」、大好きな街なかの屋台「フィレンツェの愛すべきB級グルメ」、パンダの臭いに思わず咽せ込んだ「成都でパンダを抱く」、ホノルル・ハワイ大学での「息子の卒業式」、中学時代に一人旅のフランスで体験した強烈な味わい「ドーフィネ地方のチーズ『サン・マルスラン』」など、JALグループ機内誌『SKYWARD』に大好評連載中の「ヤマザキマリの世界逍遥録」より、2018年5月号~2020年10月号に掲載された30編を収録。ヨーロッパ、中東、アジア、アメリカ、南米……世界を旅するヤマザキさんならではの、独自の視点で捉えた各地の魅力をイラストとともに綴っています。さらに特別編として、JALカード会員誌『AGORA』2019年7月号、8・9月号に掲載の、タイ・チェンマイ~チェンセーン~チェンライ周辺を巡った「タイ北部紀行」前後編も併せて収録。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

Chapter 1 温泉
 南イタリア(カンパニア州)の”地獄谷”  イタリア・・・14
 支笏湖の秘湯に憩う           北海道・・・・18
Chapter 2 文化
 パリ ルーヴル美術館で心を掴まれた絵   フランス・・・24
 リオの”ダンス・ホール”          ブラジル・・・28
アングレームの国際漫画祭 フランス・・・32
 シカゴのブルース・フェスティバル    アメリカ・・・36
 ファビニャーナ島、漁師たちの物語    イタリア・・・40
 ハバナのバーで文豪の面影を追う     キューバ・・・44
 カイロの市場にて            エジプト・・・48
Chapter 3 動物
 登別温泉、懐かしのクマ牧場       北海道・・・・54
 成都でパンダを抱く           中国・・・・・58
 ロシニ島の海岸にて           クロアチア・・62
 偉大なる、アマゾン川          ブラジル・・・66
 宮古島のインギャー           沖縄・・・・・70
 チェンセン 像の親友           タイ・・・・・74  
Chapter 4 タイ北部紀行
Chapter 5 家族
 マレ島での旅式子育て          ニューカレドニア・・・108
 根室とヴァイオリン           北海道・・・・112
 息子の卒業式              ハワイ・・・・116
Chapter 6 グルメ
 リスボンのイワシ祭り          ポルトガル・・122
 ドロミティの山にキノコを求めて     イタリア・・・126
 コルドバで出合った魔法の一皿      スペイン・・・130
 アレンテージョに"黒豚の秘密"を訪ねて  ポルトガル・・134
 フィレンツェの愛すべきB級グルメ    イタリア・・・138
ドーフィネ地方のチーズ「サン・マルスラン」 フランス・・・142
Chapter7 遺跡
 メリダの遺跡とコウノトリ          スペイン・・・148
 アテネの彫像と猫              ギリシャ・・・152
 甘粛省でシルクロードに想いを馳せる     中国・・・・・156
 イタリカが生んだ賢者            スペイン・・・160
 クレタ島 マリア遺跡の巨大な瓷        ギリシャ・・・164
 ペトラ遺跡で「インディ・ジョーンズ」    ヨルダン・・・168

メディアミックス情報

NEWS

「ヤマザキマリの世界逍遥録」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • JAL機内誌の連載。従って、旅にまつわるエッセイ。様々な国に、街に。移動距離が半端なく、機内誌に最適です。(笑)とにかく、逞しく、それでいて、淡々と冷静に。通りすがりの旅の地も、一家で住む街も、フラッ JAL機内誌の連載。従って、旅にまつわるエッセイ。様々な国に、街に。移動距離が半端なく、機内誌に最適です。(笑)とにかく、逞しく、それでいて、淡々と冷静に。通りすがりの旅の地も、一家で住む街も、フラットに偏見なく見極める。面白いです。もちろん、挿絵の漫画も自身で、写真も載ってます。 …続きを読む
    Kei
    2021年09月17日
    122人がナイス!しています
  • ごく軽い旅のエッセイ。ふだんのマリ節はなし。間に挟まってる「タイ北部紀行」はリゾートの広告っぽいけど、ゾウと散歩できるというのはとても魅力的。ヤマザキさんの旅好きや旅の力を過信?する源泉は、実の母親で ごく軽い旅のエッセイ。ふだんのマリ節はなし。間に挟まってる「タイ北部紀行」はリゾートの広告っぽいけど、ゾウと散歩できるというのはとても魅力的。ヤマザキさんの旅好きや旅の力を過信?する源泉は、実の母親であるあの「ヴィオラ母さん」の教育から来てるのだろうけど、確かに旅の魅力というのは色んな意味で侮れないなと再認識した次第。エッセイの中でポルトガルに新たな興味がわいた。「出会った人、見てきた景色、体験してきたこと、そうした数々の思い出はいつまでも色褪せることのない、人生にとって最高の贈り物」というのはその通り。 …続きを読む
    ガクガク
    2021年11月02日
    101人がナイス!しています
  • 『テルマエ・ロマエ』の作者ヤマザキマリさんが、JALの機内誌に書き下ろしていた旅行記。14歳で娘に独りヨーロッパ旅をさせるなんて、ヤマザキさんのお母さん凄いわ!美しいイラストが文章をグッと引き立ててま 『テルマエ・ロマエ』の作者ヤマザキマリさんが、JALの機内誌に書き下ろしていた旅行記。14歳で娘に独りヨーロッパ旅をさせるなんて、ヤマザキさんのお母さん凄いわ!美しいイラストが文章をグッと引き立ててますね。他の人は劇画なのに、ヤマザキさん本人だけマンガになってるのが笑えますが。ルーブル美術館での出会い、ヘミングウェイの愛したバー、美味しそうな現地の食べ物。旅っていいな。最近の少しモヤモヤしてたんですが、僕の知らない世界で文化の違った人々が逞しく生活してるんだなと思ったら、自分がちっぽけに思えてきましたよ。 …続きを読む
    たいぱぱ
    2021年07月08日
    94人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品