試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

ニコニコカドカワ祭り2021
ニコニコカドカワ祭り2021
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年09月20日
判型:
B5変形判
商品形態:
単行本
ページ数:
704
ISBN:
9784048930710

江添亮のC++入門

  • 著 江添 亮
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年09月20日
判型:
B5変形判
商品形態:
単行本
ページ数:
704
ISBN:
9784048930710

C++エバンジェリストによるC++入門の決定版

効率性と柔軟性を兼ね備えたプログラミング言語として進化を続けるC++。本書は、次の規格として標準化が進められているC++20を意識しながら、現行の規格に準拠したC++プログラムの書き方を徹底的に解説していく。プログラミング経験者を主要な対象としているが、解説を進めるに当たっては、その時点で学習した知識だけを利用して新しい知識を学ぶ方法(知識のブートストラップ)が意識されており、プログラミング初心者であっても新しい機能、知識の理解を無理なく行えるようになっている。C++の実行、デバッグ、基本的な文法、アルゴリズム、オブジェクト指向、テンプレート、メモリ管理、乱数など、C++による本格的なプログラム開発に必須の知識を網羅した本格的な入門書である。

もくじ

第1章 C++の概要
第2章 C++の実行
第3章 C++ヒッチハイクガイド
第4章 デバッグ:コンパイルエラーメッセージの読み方
第5章 条件分岐の果てのレストラン
第6章 デバッグ:コンパイル警告メッセージ
第7章 最近体重が気になるあなたのための標準入力
第8章 ループ
第9章 メモリーを無限に確保する
第10章 デバッグ:printfデバッグ
第11章 整数
第12章 浮動小数点数
第13章 名前
第14章 イテレーターの基礎
第15章 lvalueリファレンスとconst
第16章 アルゴリズム
第17章 ラムダ式
第18章 クラスの基本
第19章 より自然に振る舞うクラス
第20章 std::array
第21章 プログラマーの三大美徳
第22章 配列
第23章 テンプレート
第24章 arrayをさらに実装
第25章 arrayのイテレーター
第26章 傲慢なエラー処理:例外
第27章 ポインター
第28章 イテレーター詳細
第29章 動的メモリー確保
第30章 vectorの実装:基礎
第31章 vectorの実装:メモリー確保
第32章 コピー
第33章 ムーブ
第34章 rvalueリファレンス
第35章 ムーブの実装
第36章 スマートポインター
第37章 自作の数値クラスで演算をムーブに対応する方法
第38章 文字列
第39章 乱数
第40章 Cプリプロセッサー
第41章 分割コンパイル
第42章 デバッガー
  • ニコニコカドカワ祭り2021
    ニコニコカドカワ祭り2021

メディアミックス情報

NEWS

「江添亮のC++入門」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 本書はプログラミング経験者に向けてC++を解説した入門書だ。著者は「すでに学んだことのみを使って次の知識を説明する手法」を用いたと序に書いている。特にそれを感じたのは14章から37章を読み通す中でだっ 本書はプログラミング経験者に向けてC++を解説した入門書だ。著者は「すでに学んだことのみを使って次の知識を説明する手法」を用いたと序に書いている。特にそれを感じたのは14章から37章を読み通す中でだった。イテレータの基礎を学びarrayの実装を確認した上でポインタを学び、その後さらにイテレータの詳細を学ぶ流れは上手いと思ったし、また、動的メモリ確保を学びvectorの実装を確認した上で、コピーとムーブ、lvalue / rvalueリファレンスを学ぶ流れは理解が深まっていくのを感じて非常に楽しかった。 …続きを読む
    Masahiro Oono
    2021年06月22日
    4人がナイス!しています
  • C++コミュニティ界では著名な著者によるC++言語入門本。arrayなど基本的なライブラリを自作しながら少しずつこの言語の機能を学習していくというのが流れ。なぜかC++テンプレートメタプログラミングに C++コミュニティ界では著名な著者によるC++言語入門本。arrayなど基本的なライブラリを自作しながら少しずつこの言語の機能を学習していくというのが流れ。なぜかC++テンプレートメタプログラミングに再度入門したくて手に取った。テンプレートそのものの説明はかなり簡易なものだったが、テンプレート引数にはコンパイル時に決定できるものならなんでも渡せるというところに希望を持った。次はテンプレートの詳説本に手をのばしたい。 …続きを読む
    Q
    2021年04月07日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品