寂しさが歌の源だから 穂村弘が聞く馬場あき子の波瀾万丈

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2016年06月27日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
244
ISBN:
9784048763660

寂しさが歌の源だから 穂村弘が聞く馬場あき子の波瀾万丈

  • 著者 馬場 あき子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2016年06月27日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
244
ISBN:
9784048763660

表現との格闘を語り下ろした馬場あき子初の自伝。聞き手穂村弘。

生母の死、学徒動員、終戦の焼け野原、歌、能との出会い、第一歌集、教員暮らし、「かりん」創刊、そして―。本好きの少女が人間への好奇心に駆り立てられて代表的歌人になるまでの豊穣なる昭和史。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「寂しさが歌の源だから 穂村弘が聞く馬場あき子の波瀾万丈」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 馬場あき子の人生を穂村弘がインタビューした本。ことばを明示的に使うことができない時代に青春を過ごし、戦後の復興と共に時代の先端を詠んで来た。能や古典を大学者の元で身体で身につけてきた。社会運動と歌壇が 馬場あき子の人生を穂村弘がインタビューした本。ことばを明示的に使うことができない時代に青春を過ごし、戦後の復興と共に時代の先端を詠んで来た。能や古典を大学者の元で身体で身につけてきた。社会運動と歌壇が生き生きと語られている。濃密な体験だ。言葉は時代によって変わる。しかし、短歌が生き残ってきたのには、人の感じる心が伝わっていくものだからなのだと思う。そして、世代的には、語る事が出来ない経験を体験している。明示的に語る事が出来ない時代。今、言葉は、心は、本当に自由に語られているのだろうか。借り物ではない物を。 …続きを読む
    naoudo
    2016年09月06日
    15人がナイス!しています
  • 短歌界の大御所が、穂村さんの質問に答える形で歌の能の人生を振り返る。馬場さんにとって、なぜ歌なのかという根っこの部分は分からなかったが、最近の短歌をアイデア主導の短歌とする指摘はなるほどと。 短歌界の大御所が、穂村さんの質問に答える形で歌の能の人生を振り返る。馬場さんにとって、なぜ歌なのかという根っこの部分は分からなかったが、最近の短歌をアイデア主導の短歌とする指摘はなるほどと。
    つくえくん
    2016年09月03日
    13人がナイス!しています
  • 馬場あき子も穂村弘も好きな歌人。加えてタイトルに惹かれた。そうだったの、そうだよね!と会話に混じりたいように。2人の会話の専門的なことと知識の深さに不勉強を痛感。 馬場あき子も穂村弘も好きな歌人。加えてタイトルに惹かれた。そうだったの、そうだよね!と会話に混じりたいように。2人の会話の専門的なことと知識の深さに不勉強を痛感。
    noriko
    2016年08月28日
    7人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品