ご主人様は山猫姫11 南北雌雄決戦編 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2015年11月05日
商品形態:
電子書籍

ご主人様は山猫姫11 南北雌雄決戦編

  • 著者 鷹見 一幸
  • イラスト 春日 歩
発売日:
2015年11月05日
商品形態:
電子書籍

伏龍VS崇鳳、再び。帝国を懸けた天才軍師たちの戦いの決着はいかに!?

南域の反乱軍と晴凛率いる北域国軍がついに激突する。数では反乱軍に分があるものの、皇帝を擁することに成功した北域国軍と帝国軍の士気は高い。合戦のすう勢は予断を許さないものだった。 軍師の知恵比べが戦況を左右する。片や型破りの破天荒な天才軍師、伏龍。片や帝都で英才としてならした天才軍師、崇鳳。二人の先の読み合いは熾烈を極める。激しく交わる軍旗をかすかに眺める帝都の民は、祈ることしかできなかった。 帝都を目前とする反乱軍の兵は血気に逸り、その勢いは留まらない。文字通りの人海戦術に、晴凛やシャール、ミーネも、ある決意を固めるのだが!?

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ご主人様は山猫姫11 南北雌雄決戦編」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 征古原の戦い編。最初と違い晴凛の弓捌きや龍飛の怪力といった物語開始時からの古株の活躍シーンは少なかったものの南北の決着にふさわしい1冊だったかな。沢樹と伏龍の知恵比べ。両者とも成長していたけど考え方の 征古原の戦い編。最初と違い晴凛の弓捌きや龍飛の怪力といった物語開始時からの古株の活躍シーンは少なかったものの南北の決着にふさわしい1冊だったかな。沢樹と伏龍の知恵比べ。両者とも成長していたけど考え方の基が勝敗を分けるきっかけになった感じがしますね。北域、皇帝軍だけじゃなくシムールの力があったからこその結末はこの作品らしさがあってすごく良かったと思います。 …続きを読む
    まりも
    2014年02月17日
    13人がナイス!しています
  • ★★★☆☆ ふいーっと、ひといき。ぱたんと本を閉じて、ごろんと倒れてみたりする。満足感にどっぷりと身を浸しながら、無意味に伸びをしてみたり。それから、深呼吸をひとつして、ぼんやりと物語を回想。長かった ★★★☆☆ ふいーっと、ひといき。ぱたんと本を閉じて、ごろんと倒れてみたりする。満足感にどっぷりと身を浸しながら、無意味に伸びをしてみたり。それから、深呼吸をひとつして、ぼんやりと物語を回想。長かったなぁ、と思う。色々あったなぁ、と思う。少しだけの喪失感の混じる気持ちを胸にしまって、緩慢な動作で本棚に本巻を戻す。左に10冊。けれど、右隣に最終巻は未だない。近いうちに購入することを誓って、ぼんやりと読メを開く。さて。何を書こうか、と、一瞬だけ迷って、冷えたビールをぐびりと嚥下。それからそっと、タイピング。 …続きを読む
    此処其処。
    2013年12月16日
    7人がナイス!しています
  • 安定の読み応えで面白い。心理の読み合い、展開が楽しめます。登場人物の個性が良く描かれていて魅力的で面白い。クライマックスの一山超えてまた一山、次巻も楽しみですね。構成がしっかりと手堅く、登場人物が魅力 安定の読み応えで面白い。心理の読み合い、展開が楽しめます。登場人物の個性が良く描かれていて魅力的で面白い。クライマックスの一山超えてまた一山、次巻も楽しみですね。構成がしっかりと手堅く、登場人物が魅力的なので楽しめました。本当にいい作品ですね。しいて言えば戦闘描写にももう少し個性分を盛り込んでくれたらというのと、構成図?が引っかかってちょいと残念、近年良く見かける手法なんだけど好きじゃない、ミステリー小説みたいに普通に図描けばいいのにって思う。しかしそれを引いても読み応えのある面白い作品でした。 …続きを読む
    シンヤ
    2012年12月20日
    6人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品