アレキサンダー遠征 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2015年03月25日
商品形態:
電子書籍

アレキサンダー遠征

  • 著者 しりあがり 寿
発売日:
2015年03月25日
商品形態:
電子書籍

地方都市で暮らす平凡な夫婦が、やがて世界を破滅に導く…。多重螺旋ロマン、シリーズ最大の問題作!

天才しりあがり寿が、月刊コミックビームに足かけ5年に渡り描き続けた意欲作、怒濤の単行本化第3弾! ひとつの雑誌連載で、3つの異なる長篇を断続的に発表し、途中で掲載された短篇(『あの日からのマンガ』他に収録)なども取り込みながら、すべてがひとつに収斂していく…そんなアクロバティックな長篇連載作として、一部で大きな話題となった多重螺旋アンチロマン、ついに佳境、シリーズ最大の問題作、単行本解放!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「アレキサンダー遠征」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 社会がグイグイ押してくるから、普通なら押し潰されぬよう頑張って内圧を高めて生きていく。ところが恋愛によってつながった若い二人は社会の圧力を意に介さない。反社会的に非ず、非社会的に生きることができる時期 社会がグイグイ押してくるから、普通なら押し潰されぬよう頑張って内圧を高めて生きていく。ところが恋愛によってつながった若い二人は社会の圧力を意に介さない。反社会的に非ず、非社会的に生きることができる時期があるのだ。それが束の間であるにしても。世界との没交渉が恋愛の本質であると言ってしまおう。しかし酷すぎやしないか二十一世紀。もはや若さでは太刀打ちできぬほど社会は寛容さを失った。わずかなエラーでも立ち直れぬほどの痛手を負うとされている。若者に対する僕の感情は羨望と嫉妬と同情と絶望の化合物である。 …続きを読む
    猫丸
    2020年10月03日
    13人がナイス!しています
  • 中毒性がある。まずい、何度も読みたくなってしまう。 中毒性がある。まずい、何度も読みたくなってしまう。
    ニッポニア
    2015年12月12日
    1人がナイス!しています
  • とてもいいわけのわからなさだ。『あの日からのマンガ』を正史とするなら全部は夢なのか、夢と夢の切れ目すらあいまいなまま愛と不安ばかり置き去りに夢は『黒き川』に接続される。物語の数々は、3.11は、どこに とてもいいわけのわからなさだ。『あの日からのマンガ』を正史とするなら全部は夢なのか、夢と夢の切れ目すらあいまいなまま愛と不安ばかり置き去りに夢は『黒き川』に接続される。物語の数々は、3.11は、どこに向かうのか。これほど完結巻の期待をあおる構成もない。もし最後がうたかたの夢に消えても、3.11のある現実は残るんだよなあ。 …続きを読む
    杉浦印字
    2015年04月04日
    1人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品