ノアの阿呆舟 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2015年03月25日
商品形態:
電子書籍

ノアの阿呆舟

  • 著者 しりあがり 寿
発売日:
2015年03月25日
商品形態:
電子書籍

堕落した地球を捨てよと神は言い、彼らは宇宙に旅立った。多重螺旋ロマン、終末感溢れるナンセンス篇!

天才しりあがり寿が、月刊コミックビームに足かけ5年に渡り描き続けた意欲作、怒濤の単行本化第2弾! ひとつの雑誌連載で、3つの異なる長篇を断続的に発表し、途中で掲載されたシリーズ外の読切短篇(『あの日からのマンガ』他に収録)なども取り込みながら、すべてがひとつに収斂していく…そんなアクロバティックな長篇連載作として、一部で大きな話題となた多重螺旋アンチロマン、著者の本領が炸裂する、爆笑と虚無感溢れるナンセンス篇!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ノアの阿呆舟」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • たまらない。これ現在の漫画を語る上で最も重要な一冊だと言えるんじゃないの。 たまらない。これ現在の漫画を語る上で最も重要な一冊だと言えるんじゃないの。
    ニッポニア
    2015年12月12日
    1人がナイス!しています
  • うわああなんだこれ。『黒き川』を生命力の希望の物語とすれば、これは生命力と絶望の物語。アホ丸出しな箱船に閉じ込められ全ては失敗しただ生き延びる恐怖。そして……これは、どこに続くんだろう? うわああなんだこれ。『黒き川』を生命力の希望の物語とすれば、これは生命力と絶望の物語。アホ丸出しな箱船に閉じ込められ全ては失敗しただ生き延びる恐怖。そして……これは、どこに続くんだろう?
    杉浦印字
    2015年04月04日
    1人がナイス!しています
  • 地球に見切りを付け脱出することを決めたマッドサイエンティストのノア。脱出ロケットに乗せられるのは攫われてきた文太少年、人間のような姿に遺伝子改造された動物たち、それに熟女の魂を持つiPad。こっちは元 地球に見切りを付け脱出することを決めたマッドサイエンティストのノア。脱出ロケットに乗せられるのは攫われてきた文太少年、人間のような姿に遺伝子改造された動物たち、それに熟女の魂を持つiPad。こっちは元々かなりギャグ主体、連載時期が主に2010年までなので3.11色もなし。『アレキサンダー遠征』と同じ人物が別設定で出てくるのはまさに夢の現実のような重なりを感じさせるが…。『黒き川』も含め合流する完結編は近刊予定のようで、これで終わりじゃなかったか。この三冊はどれから読んでも可ということで。 …続きを読む
    T.Y.
    2015年03月25日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品