八男って、それはないでしょう! 4 電子版

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2015年01月23日
商品形態:
電子書籍

八男って、それはないでしょう! 4

  • 著者 Y.A
  • イラスト 藤ちょこ
発売日:
2015年01月23日
商品形態:
電子書籍

お金があってもいいことない! ヴェンデリンの受難は続く!?

地下遺跡攻略の後日。膨大な報酬金に困り果てたエル達3人は、「分配金異議申し立て制度」を唱えヴェンデリンに大金を押しつけることに成功。それはヴェンデリン受難の日々のほんの始まりに過ぎなかった……。

メディアミックス情報

NEWS

「八男って、それはないでしょう! 4」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 再読、寄親の辺境伯からの依頼で、先代が魔の森に派遣し戦死した約2000名のゾンビ達の殲滅。そのために地元に戻ってきた主人公達。それに過剰反応する長男、辟易する父親と名主達。色々とモメるも、ゾンビ退治は 再読、寄親の辺境伯からの依頼で、先代が魔の森に派遣し戦死した約2000名のゾンビ達の殲滅。そのために地元に戻ってきた主人公達。それに過剰反応する長男、辟易する父親と名主達。色々とモメるも、ゾンビ退治は分家の大叔父がゾンビの上位種リッチになっていた事以外は無事に終わるが、、主人公が帰還したせいで燻っていた不満の火が一気に噴出した地元は、中央から見たら内紛状態。主人公の安全を万全にするために兄と腹ぺこ少女、ヴィルマが護衛に就く。そして、長男へ当て付けるように領地を勝手に開発し出した。次巻は荒れるな。 …続きを読む
    こも 零細企業営業
    2020年05月03日
    34人がナイス!しています
  • 続けて購入。絵は可愛らしくて大変良い。 物語は出世したり開拓したり実家との云々の話。なんというか、馬鹿扱いで散々煽っておいて暴発したらオマエが悪い、という流れは流石にクルトが可哀想。まあ確かにアレだっ 続けて購入。絵は可愛らしくて大変良い。 物語は出世したり開拓したり実家との云々の話。なんというか、馬鹿扱いで散々煽っておいて暴発したらオマエが悪い、という流れは流石にクルトが可哀想。まあ確かにアレだったけど、弟に便乗した兄達や素で周りを見下してる主人公の方がよっぽど性根が悪いよなあ。 あと、章の頭ごとに『これまでのあらすじ』を入れるのは何かのギャグなんだろうか。説明を何度も繰り返すほど複雑な物語ではないので、正直いらないと思う。 …続きを読む
    しまふくろう
    2020年04月05日
    26人がナイス!しています
  • 1話を読んで、遂に実家問題にメスが入る!と期待したのも束の間、直後に下着を物質転移させる茶番回が挟まり大いに萎えた。長男クルトは悪辣でも無能でもなくただの意味不明な言動をして読者に嫌われるだけの道化と 1話を読んで、遂に実家問題にメスが入る!と期待したのも束の間、直後に下着を物質転移させる茶番回が挟まり大いに萎えた。長男クルトは悪辣でも無能でもなくただの意味不明な言動をして読者に嫌われるだけの道化として描かれており、「それはないでしょう」感が強い。そして真に恐るべきは、4巻時点で何も起こらなかったことである。雑務やバザーで金も手に入るが使い道がなく、主人公たちも話も前に進んでいる感じがしないし達成感もない。帰省したときは距離を置くとか言ってたのに流れ作業的に実家を乗っ取るような話になってるし……。 …続きを読む
    たみ
    2021年04月07日
    8人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品