B.A.D. チョコレートデイズ(4) 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2014年12月26日
商品形態:
電子書籍

B.A.D. チョコレートデイズ(4)

  • 著者 綾里 けいし
  • イラスト kona
発売日:
2014年12月26日
商品形態:
電子書籍

本編のその後も収録した『B.A.D.』シリーズ最後の短編集!

「人間は、さ。わけわかんねぇ方向から、なんでっていうことで、無理やり救われちまうことがある」蟲の怪異に怯える私に名も知らぬ金髪の人はそう言った。そして古書店で働く霊能探偵を紹介してくれたのだが――『B.A.D. AFTER STORY』。狐との決戦後、白雪は未だ小田桐と再会できずにいた。一族の掟と自らの恋心に悩む彼女の前に婚約者を名乗る男が現れ……『恋しき人を思うということ』他3編を収録したチョコレートデイズ・セレクション第4弾!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「B.A.D. チョコレートデイズ(4)」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 本編終了後の話が印象的だった。雨香は上手くやっているみたいで、良かったんだと思う。 本編終了後の話が印象的だった。雨香は上手くやっているみたいで、良かったんだと思う。
    坂城 弥生
    2021年01月04日
    43人がナイス!しています
  • 短編集の最終巻。これにてシリーズ終了。最後に本編後のアフターストーリーが読めて良かった。思った以上に白雪一筋になってて笑った。 短編集の最終巻。これにてシリーズ終了。最後に本編後のアフターストーリーが読めて良かった。思った以上に白雪一筋になってて笑った。
    ソラ
    2015年05月09日
    30人がナイス!しています
  • B.A.D.短編集第4弾,シリーズ最終巻。メゾンドナナセの「空」の部屋,七海が見た幽霊と神隠し,白雪殴り込み秘話,繭と小田桐の最初の依頼,後日譚の5編。最終巻にしては最後の後日譚以外、物語の初期の話だ B.A.D.短編集第4弾,シリーズ最終巻。メゾンドナナセの「空」の部屋,七海が見た幽霊と神隠し,白雪殴り込み秘話,繭と小田桐の最初の依頼,後日譚の5編。最終巻にしては最後の後日譚以外、物語の初期の話だし繭さんがメインの話でもなかったねwでもB.A.D.らしい残酷で切なく,醜悪に美しいミステリアスホラーだった。本編でもリアリストであり興味のないことにはとことん関わらない性格だった幼女七海は初期の頃から強かで怖かったなw幽霊,神隠しの話でのクイズの答えに後々わかると淡々と問題出してたの結構怖いな…。→ …続きを読む
    Yobata
    2014年12月25日
    25人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品